• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 桜田淳子の芸能界本格復帰は多難 霊感商法対策弁連が猛反発

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜田淳子の芸能界本格復帰は多難 霊感商法対策弁連が猛反発


27日にファンイベントを行う桜田淳子

 本格復帰は許さない!! 27日に東京でファンイベントを行う往年の人気アイドル桜田淳子(59)に対し、全国霊感商法対策弁護士連絡会が13日、都内で会見を開き、タレント活動復帰反対声明を発表した。桜田が現在も統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の信者で、“広告塔”として活動しているにもかかわらず、過去を清算せずに公の場やメディアに登場するとなれば「社会に統一教会が受け入れられたと世間が勘違いしてしまい、被害が拡大することを危惧している」と糾弾したのだ。この会見が桜田の本格復帰を阻止するのか。

 桜田は27日、ファンイベント「マイ・アイドロジー スペシャル~ありがとうのかわりに」(東京・銀座博品館劇場)を開催する。同イベントは、35年ぶりの新アルバム「マイ・アイドロジー」(2月25日リリース)に収録されている新曲の披露のほか、今月21日発売の45周年アルバム「Thanks 45~しあわせの青い鳥[The Live Anthology]」をPRする絶好の機会となりそうだ。

 昨年4月、同会場で行われたコンサートにゲスト出演した桜田は、中島みゆきの楽曲「化粧」などをカバーし、全5曲を披露。27日は2013年の一夜限定ライブ以来の単独コンサートになるとみられる。

 この日、会見した全国霊感商法対策弁護士連絡会の山口広弁護士は「昨年4月にも反対声明を出したので、桜田さんは復帰を諦めてくれたのかなと思っていたが、彼女の芸能活動復帰の思いは強かった。そして、統一教会がそれを利用しようという魂胆は見え透いている」と本格復帰を試みる桜田に憤った。

 会見では、過去に桜田が東京・渋谷(松涛)の統一教会本部で行った講演内容の資料を配布。これは教会幹部が末端信者へ送ったとされるメールをプリントしたものだ。

「スター的な立場の人が一生懸命活動しているのは励みになり、士気も上がった」とは会見に同席した元信者。また、信者が手に入れるには440万円が必要とされる「天聖経」という資料も公開された。

 別の元信者からは「自分で物事を考えられないように教育される。桜田さんがご自分の意思で、タレント活動を行っているとは到底思えない」と衝撃的なコメントが。

 桜田が統一教会による合同結婚式に参加した1992年以降、山口弁護士らの元へ相談があった統一教会の被害総額は800億円。山口弁護士は「(霊感商法に対する)判決が出ているのに『あなたはそれでもやるんですか?』と私は思います」と疑問を投げかけた。

 同席した紀藤正樹弁護士は「再三言っているが、これは単なる芸能活動復帰話ではない。被害者がいるのに、名前を変えて活動をするのは“オウム真理教”が“ひかりの輪”へと名前を変えているのと同じだ」ときっぱり。

 また2010年4月に、洗脳騒動があったロックバンド「X JAPAN」のToshl(52)が、被害者たちに直接謝罪を行った会見に立ち会った経験から「教祖にだまされていることに本人が気づき、統一教会の思惑に乗っていることを知れば、桜田さんも被害者だ」と紀藤弁護士は分析した。続けて「統一教会の活動について総括を行い、脱退をして過去の清算をするなら、私はタレント活動を行ってもいいと思います」と専門家として語った。

 山口弁護士によると、昨年4月のコンサート出演に対しては、桜田本人や主催者に対して中止を求めるなどの申し入れはあえて行わなかったという。だが「正式に芸能活動を再開する意思があるのなら、関係各所に申し入れを行う予定もある」と明かした。

 しかし、桜田のテレビなどでの芸能活動再開は難しそうだ。テレビ関係者は「ワイドショーで桜田を取り上げると視聴率はいい。それでも歌番組やバラエティー番組に桜田を出演させるのかと言えば、どこの局もやらないでしょう。現時点ではテレビ出演などは難しく、直接ファンを相手にした仕事に限定されるでしょう」と語っている。

 やはり、信者のままでの本格復帰は困難と言わざるを得ない。

【92年合同結婚式に参加】桜田はアイドル歌手から女優に転身後の1992年、統一教会の合同結婚式に参加。結婚後は芸能活動を休止し、事実上の引退状態にあった。

 出産、育児に専念する一方で、統一教会の広告塔として活動に専念していた桜田は2013年5月、サンミュージックの会長だった相澤秀禎さんの通夜に参列し、約16年半ぶりに公の場に姿を現したのを機に状況が一変。

 同年11月にデビュー40周年を記念し、都内で開催されたライブで約21年ぶりにファンと交流。昨年4月に都内で行われたイベントにはゲスト出演した。それに先立ち、全国霊感商法対策弁護士連絡会は昨年4月にも会見で桜田の復帰に反対する声明を出している。

【統一教会のコメント(抜粋)】「声明内容からすると、全国霊感商法対策弁護士連絡会(以下、連絡会)なる組織は、情報を自分たちに都合よく歪曲し、善良なる国民の職業選択の自由を奪い、国民を自分たちに都合よくコントロールをしようとする独善的かつ差別的・排他的組織であることが明らかです。

 当法人は何人も信じる宗教、思想故に、社会的に差別を受けることがあってはならないと確信します。そのような点から、同連絡会の声明は憲法で保障されている人権を侵害する内容であると思います。

 同連絡会所属弁護士は当法人を相手に過去にいくつかの訴訟を仕掛けていましたが、最近では被害者を“発掘”できずクライアントが減少しているせいか、声明を見ると相当焦っているように感じられます」

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!