• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 高橋みなみ“酔いグセ”を織田哲郎が暴露「お酒を飲むとバカなの」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高橋みなみ“酔いグセ”を織田哲郎が暴露「お酒を飲むとバカなの」


織田哲郎(左)に花束を贈った高橋みなみ

 シンガー・ソングライターで作曲家の織田哲郎(60)が11日、都内でファンクラブ限定バースデーライブを開催した。

 これまで相川七瀬、ZARDなど多くの有名アーティストの作曲を手掛けてきた織田は、この日めでたく還暦を迎えた。元AKB48で歌手の高橋みなみ(26)がサプライズゲストとして登場し、お祝いの花束を渡した。

 織田は昨年9月に発売した高橋のセカンドシングル「孤独は傷つかない」の作曲を担当。高橋が「織田さんに楽曲を頂くことが夢だった」と感謝を口にすると、織田は「彼女、歌うまいんですよ」。ただ、AKB48にも楽曲を提供している織田が「AKBチームとかの歌は直してナンボなんですけど。アイドルだから仕方ないけど、彼女はうまい!」と“毒舌交じり”に絶賛すると、高橋は会場を見ながら「ファンの皆さんがざわつくから! マスコミの記者さんのペンがすごく動いてる」と大慌てだった。

 昨年12月には、高橋が自身のバンド仲間と開いた忘年会に織田もサプライズで合流したという。織田は高橋を見ながら「この人、お酒を飲むとバカなの。バンドメンバーもみんな、久々にこんなバカを見た!」と大はしゃぎで、高橋は「ほんとですか!? 大好きな人とお酒を飲めて、楽しくなってしまって…。家にどうやって帰ったか記憶がないんです」と苦笑い。

 相当楽しい場だったようで、高橋は次の飲み会のお願いとともに「また曲を作ってください!」と織田に直訴した。

 そんな織田は高橋から“還暦”について聞かれると「ほんとビックリだね。考えもしなかったよ。でも、とりあえずやらなきゃいけないことはいっぱいある。何はともあれ、アルバムを出したいね」と目標を掲げた後、「やれるもんならやってみやがれ、俺!」と自身を鼓舞した。

 高橋から「70歳、80歳、90歳までロックを!」とお願いされると「60(歳)でロックをやってるなんて昔は考えもしなかった。ほんといろいろ常識は変わるんだな」としみじみ。「さすがに90歳までロックをやってる人はいないよね。ミック・ジャガー(74)に期待だよね」。高橋が「織田さんも!」とけしかけると、織田は「俺が!? どうだろうね。『次の曲はこれです』と言われても『次の曲なんだっけ?』となりそうだよね」と笑わせた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!