• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 山Pが消える?石原さとみを捨てた代償は想像以上だった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山Pが消える?石原さとみを捨てた代償は想像以上だった


石原さとみの心中はいかに

 ジャニーズ事務所の山Pこと山下智久(32)がいよいよ土俵際に追い詰められている。今年になって、一部では結婚も噂されていた女優・石原さとみ(31)と破局していたことが発覚。石原を捨てる形になってしまったことから、石原の所属事務所はもちろん、他の事務所からも山下は“危険人物”扱いされているのだ。まさに四面楚歌で、このままでは、共演者がいなくなってしまい、ドラマや映画に出られなくなる可能性まで取り沙汰されている。

 山下はフジテレビ系月9ドラマ「5↓9~私に恋したお坊さん~」(2015年)での共演をキッカケに、2年ほど前から石原と交際を開始。

「石原は山下にゾッコンで、本気で結婚を考えていたようです。六本木かいわいでは、よく石原が山下に寄り添って歩く姿が目撃されていた」(民放プロデューサー)が、一部女性誌報道により破局していたことが先月、判明した。

 そんななか、年明けに山下は、売り出し中のモデル・Nikiを連れてハワイ旅行に出かけていたことまでバレてしまった。しかも、このときには、山下はNikiとのハワイ旅行から帰国後、何を思ったか別れた相手の石原の自宅を訪問していたことまで報じられてしまった。

「山下はホリプロの看板女優の石原に手を出しただけではなく、もともとよく思われていなかった。しかし、ここにきて石原を捨て、新恋人Nikiに乗り換えたこともあり、ホリプロ関係者は、山下に対して内心では激怒しているそうです。しかも、別れているというのに、石原の自宅に行っているのですから、あきれられて当然。理由はどうあれ、山下の行動はあまりにも軽率すぎる。今後、山下がホリプロの所属女優と共演NGとなる可能性は十分にあると思いますよ」(前同)

 昨年は主演ドラマ「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」(フジテレビ系)がヒットし、今年はその映画も上映予定だが、見かけほど芸能活動そのものは順風といえるものではない。

「六本木で赤西仁と一緒にトラブルを起こしたり、また一時は元SMAPの稲垣、香取、草彅に付いて新事務所に行くのではないかといわれた時期もありました。そういった経緯もあり、山下の事務所内での立場は微妙。『コード――』の仕事は派手に見えますが、以前から決まっていたもので、今後、どうなるかは事務所内の立ち位置を考えると、かなり怪しい」と芸能関係者。

 そんな山下が評価を上げていたのは石原との真剣交際であり、それにより“遊び人”との汚名を返上していた。だが、今回の一件で再び“プレーボーイ”に逆戻り。石原を捨てたことで、ますます芸能活動が苦境に陥ることは確実だ。

「ホリプロ女優との共演NGどころではなく、石原を捨て、Nikiに乗り換えたことで、山下には他の芸能プロからも“危険人物”とのレッテルを貼られました。もう彼をCMに起用したいという大手クライアント企業もなくなるのではないでしょうか。山下はまさに、八方ふさがりの状態といってもいい」とはある芸能プロ関係者。

 山下自身も、事務所のプッシュを受けられないことも覚悟の上。そんな状況を打開しようと必死にもがいているのだが、そのやり方には疑問符が付いている。

「山下は現在の苦境を乗り切るため、中国などに顔が利く新興会社などと組み、新たな自己プロデュースを考えているようです。でも、愚かにも所属事務所を飛び越え、こうした新興会社との話を進めようとすることが、また新たな大きなトラブルにならないか、といわれているんですよ。事務所も山下の単独行動にいい顔をしないでしょうし、自分で自分の首を絞める形になりかねません」(前出の関係者)

 石原を捨てた代償は想像以上に大きくなりそうだ。

【尾を引く六本木の一件】石原との破局も自分の立場を悪くする一因になっているが、事務所内での立ち位置が悪くなっているのは“六本木の一件”が、いまだに尾を引いているからだという。2014年に山下は赤西、錦戸亮らとともに六本木で一般人とトラブルになり、20代女性の携帯電話を一定期間使用不能にしたとして、器物損壊の疑いで書類送検された。「当時、事務所内では様々な悪評が出ていた赤西には近寄るなという“接近禁止令”が出ていたんですが、それにもかかわらず、会っていたことに加え、事件を起こしましたからね。あの一件は事務所内で相当、問題になったし、今でも山下の立場を悪くしている大きな要因といわれています」とは、ある音楽関係者。その後、ドラマなどに出演はしているが「本人の中では音楽をやりたいとの思いは強いそうなんですが、昨年、亀梨和也と共演したドラマの主題歌を『亀と山P』名義で出しただけ。ソロでの音楽活動のメドも立っていないそうです」と同関係者は話している。事務所の強力プッシュが得られないとなると、今後の芸能活動が厳しくなるのは間違いない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!