• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ZIGGY・森重 酒をやめたら人生変わった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZIGGY・森重 酒をやめたら人生変わった


森重樹一

【ダイヤモンド・ユカイの昭和ロックを語る時が来た!】「レッド・ウォーリアーズ」のボーカル、ダイアモンド.ユカイ(55)が、ゲストを招いて昭和の終わりに巻き起こった日本のロックムーブメントをひもとく。ZIGGY・森重樹一(54)を招いての最終回は人生の転機からスイーツまでを語り尽くした。

 森重:少し前にスティーブン・タイラーのソロアルバム聴いて心底感動したよ。もうすぐ70歳なのにこれできるのか!って。

 F記者:スティーブンは映画「アルマゲドン」の主題歌「ミス・ア・シング」が大ヒットした、日本でも人気のロックバンド「エアロスミス」のボーカル。エアロのデビューは1973年です。

 ユカイ:俺も思ったよ。何がすごいって、エアロスミスってバンドがありながら、ソロとして別の美意識を確立しようとしてるとこ。

 森重:去年の来日ライブに行ったら、ドラムもベースも女の子で、そのリズム隊がすごくいいんだ。めちゃ感動して、69歳でこれをやってる人がいるのに、俺ができないと決めちゃダメだ。70歳になったら70歳なりの説得力ある歌を歌おうと、すごくビジョンが見えたんだよ。これは短距離じゃなくマラソン。完走できるか、ゴールがいつなのかわからない。

 F記者:スティーブンのように長く続けるために気をつけていることはありますか?

 森重:先を見据えて、ではなかったけど、酒はやめたよ。8年ちょっと、もう1杯も飲んでない。生きていくためにね。

 ユカイ:そんな飲んでないんだ。森重は…。

 森重:アル中だったから。

 ユカイ:自分で言っちゃった。

 森重:俺はひどいアルコール乱用者で、最後は24時間酔ってないと気がすまなくなっていた。生きていくためにやめざるを得なかったんだ。

 ユカイ:8年か。知らなかった。やめて気づいたことある?

 森重:ある。25年間酔っ払い続けていたから、酒が抜けても酔っ払った考え方するってわかった。俺、25年間、大切なことをひとつもシラフで決めてなかった。全部酔った頭で決めた。だから俺がやってきたことの中には間違いがあると思う。

 ユカイ:酔って直感で決めたことが、正しいこともあるよ。ところで、酒飲まなくなったら、スイーツいけるようになったんじゃないの? 俺も一時期断酒して、その時、スイーツのうまさを知って人生変わったよ。

 森重:スイーツ、食うようになったよ。俺はまずチョコレートだった。これ原理があってさ。脳が酒に代わる快楽物質を取り込もうとする。それが砂糖なんだ。脳にガツンとくる。

 ユカイ:砂糖は昔、ドラッグだったからね。「シュガーハイ」という言葉があるぐらいだから。ナンバーワンスイーツは?

 森重:新宿高野のクリーム入りメロンパン、「クリーミーメロン」。うまいんだよね~。

 ユカイ:実は俺、「メロンパン研究会」やってたよ。高速道路のSAにこだわりのメロンパンがあってさ。でも大きいから、3個も食べたら腹いっぱいで研究どころじゃない(笑い)。俺は一番好きなのはくず餠だね。切り分けようとしても、全部食っちゃう(笑い)。あれだけは健康を害しても食いたい。

 森重:俺も、もらったチーズケーキを切り分けようとして、全部食べた(笑い)。あときんつばが好きだね。食感も、あの餡に対するガワのありようとか。

 ユカイ:あれは美意識だよ。日本の美意識!

 森重:もなかはダメなんだよ。口の水分を取られて。メロンパンもカサカサなのはダメ。チョコは喉が締まるから、ステージ前には食べないね。

 ユカイ:自然に歌に直結してるね。職業病だよ。

 森重:でも、うれしいよね。同じ世代で嗜好が同じように変わって。

 ユカイ:酒を飲んでたら、このうまさは知らなかったよ。

 森重:そうだね。そういや医者が言ってた。お前みたいな死ぬまで酒を飲もうとするヤツの脳みそはひねくれている。そのままだとストレスだらけで生きられないから薬を飲めって。俺、9年前、死のうと思ってたんだよ、毎日。アルコールは最終的に鬱になるから。

 ユカイ:森重、死なないでくれよ、寂しいから。

 森重:子供が生まれて、父親の立場になって、人生のありようが激変したよ。自分の子供をかわいいと思った時、親も俺のことをかわいいと思ったろうと思った。俺は自分の嫌いな部分を排斥しようとしてきたけど、その時からこれでいいと思えるようになった。

 ユカイ:歌も変わった? 俺なんか187度変わった。

 森重:幼稚園の卒園式で、先生に頼まれて「GLORIA」を歌ってさ。それがものすごい転機になったよ。子供たちが喜ぶことを俺ができている。デタラメな人生を送ってきた自分がそういうことできるのが、とてもうれしかった。

 ユカイ:デタラメな人生送ってきた人ほどできるんだよ。幅がない人の教えは小さい世界のものでしかない。俺もPTAで会長やってるよ。
 森重 マジ!?

 ユカイ:「田所会長」って呼ばれてる(笑い)。

 (次回掲載は4月。あの女性ボーカリストが登場予定)

☆もりしげ・じゅいち=1963年8月28日生まれ。東京都出身。84年にZIGGYを結成。ドラマ「同・級・生」の主題歌「GLORIA」が大ヒット。3月7日に最新シングル「TEENAGE LUST」を発売。今春、ツアー「TEENAGE LUST」を行う。

☆ダイアモンド・ユカイ=1962年3月12日生まれ。東京都出身。86年に「レッド・ウォーリアーズ」のボーカルとしてデビュー。89年に解散後、数度再結成。4月13、14日「角川シネマ・コンサート」(東京国際フォーラムホールA)にゲストボーカルとして出演。5月27日にレッズとして「FM NACK5 開局30周年記念『King. Rock’n Roll “the Very best of Red.”』」(東京国際フォーラムホールA)出演。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!