• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 草なぎ独占告白「やりたいこと100%できてますね」ジャニーズ退所後の実情とたけしへの思い

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草なぎ独占告白「やりたいこと100%できてますね」ジャニーズ退所後の実情とたけしへの思い


香取が1面となった本紙(2月27日付)を熟読する草なぎ剛

 香取の次は草なぎが東スポ映画大賞に出る!? 2月25日に開催された「第27回東京スポーツ映画大賞」(ビートたけし審査委員長)授賞式に元SMAPの香取慎吾(41)が出席し、業界の話題をさらった。そこで気になるのは香取と大の仲良しで知られる草なぎ剛(43)の反応だ。草なぎは、主演のオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」(4月6日公開)の一編「光へ、航る」の撮影を終えたばかり。同エピソードは、お笑いコンビ「爆笑問題」太田光(52)が脚本・監督で、注目度は高い。撮影後の草なぎを独占直撃すると、驚くべきひと言が飛び出した。

 寒い山中での撮影にも負けず、草なぎはワンシーンごと丁寧に芝居を重ねていた。草なぎの芝居を見つめる太田監督はディレクターズチェアに寝そべるように腰を下ろし「おう東スポ、(敵のアジトへの)潜入捜査か?」と、本紙と草なぎら元SMAP3人が所属していたジャニーズ事務所との関係性をジョークにしたが、監督としての表情は決してバラエティー番組では見せないものだった。

 2月25日、東京スポーツ映画大賞授賞式ではジャニーズ事務所時代だったら絶対にあり得ない香取のサプライズ登場が実現し、業界を騒然とさせたばかり。香取は映画大賞と同時表彰の「第18回ビートたけしのエンターテインメント賞」で元SMAPの草なぎ、稲垣吾郎とともに話題賞を受賞。ただ、本紙と歴史的和解をしたからといって、草なぎも…という簡単な話ではない。

 だが撮影終了後、インタビューを試みると奇跡は起きた! なんと草なぎは「太田監督と映画で仕事するのは初めてだけど、以前から知らない仲じゃないので、早く距離が縮まって楽しい。太田監督はプレーヤー(演者)でもあるので、自分で演じて見せてくれて、言葉で説明を受けるより、すごくわかりやすいんですよ。本人は演技指導とかをしてるつもりはないんでしょうけどね」と現場の楽しさを語り「太田監督が僕の新たな一面を引き出してくれている」と手応えを感じていることなど、冗舌に語ってくれた。

 さらに、香取の「――エンターテインメント賞」受賞には「あれは慎吾だけが選ばれてるんじゃないよね。僕たち3人だよね。そうだよねー。慎吾に代表になって行ってもらって、行きたかったんだけどね。なんか慎吾一人で背負わせちゃったみたいな感じでね」と“敵陣”に単身乗り込んだ香取を気遣った。すぐに「一人だけ登壇した方が逆に面白かったのかもしれないねー。そうだよねー」と自分を肯定するちゃっかりさも見せたが…。

 東スポ映画大賞授賞式の閉会あいさつでは、酒井修代表取締役社長が香取に「過去にうちの記事でご迷惑をおかけしたようですが、これを機会に今後はぜひいい関係を築けたらと思っております」とメッセージを送ったが、これにも草なぎは「東スポの社長さんが『これからは良い関係を』って? ふふふ」と苦笑い。

 記者が「こうやって東スポが取材に来ることに戸惑いは」と聞くと、草なぎは「いや、まあ、そこもね、みんな同じじゃないですか。こういう世界じゃないですか。(芸能界という)その中でみんなが回っているというかね」と思いを明かした。

「東スポ映画祭にしても、(審査委員長の)たけしさんがふざけたりとか、面白いこと言って盛り上がるというか。芸能界の大先輩でもありますしね。最後は笑いにして終わろうという気持ちは感じるし、もうやっぱり最終的には楽しんでやっていくしかない。僕らもたけしさんにジョークにされる方がむしろ楽なんですよ。それを楽しんでいたら、みんなも『3人って面白いやつらなんだな』って思ってもらえるだろうしね」

 香取が「来年は映画賞をいただきたい」と言ったことには「そうなれたら、うれしいですけど、たけしさんはそれこそ映画に関しては厳しいですからね。でも、この映画が公開されて、来年、たけしさんに賞をいただけたら最高だよね」と、草なぎは世界の北野武監督へのリスペクトをにじませた。

 草なぎはこの映画出演に加え、主演舞台「バリーターク」(4月14日から、KAAT神奈川芸術劇場ほか)も控える。

 ジャニーズ退所後の活動については「やりたいことは100%できてますね。出発はどうなるかわからなかったけどね。順調すぎるぐらい」。

 ジャニーズ時代のレギュラー番組は確かになくなってはいるが、自分たちが飛び込むことを選択した「新しい地図」の世界も確実に広がっているようだ。

【草なぎと太田監督のクロストーク】

 ――撮影は順調

 太田監督:撮影快調って感じだよね。剛君は男として渋くなったって感じだね

 草なぎ:ありがとうございます!

 ――監督の演出は

 草なぎ:尾野真千子ちゃんの役まで自分でやってみせてくれるからね。

 太田監督:そうなのよ。「あんッ」って感じるシーンもやって見せてるから。その時の尾野さんの芝居がまたいいのよ。

 草なぎ:その芝居は太田監督が一番うまいよ。ふふふ。

 ――東スポ映画大賞も狙える。爆笑問題は結成30周年の記念イヤー

 太田監督:たけしさんがこの映画で賞くれたら、本当にうれしいなあ。芸能大賞もあるの? もし、いただけるなら、そうなったらいいなあ。香取君も来たの? 面白いじゃない。いいねえ。

 草なぎ:今回楽しくて、太田監督が“新しい僕”を引き出してくれてるのがわかる。うちら、合うなあって。

 太田:合うね! お笑いコンビ組もうよ。

 草なぎ:田中さんはどうなるんですか! でもうちら合うぞって。実は昔から感じていたんですが、そんなこと言うと慎吾が「つよぽん、いまさら何言ってんだよー」って言われそうだけど(苦笑)。太田監督はまた映画を撮られると思うので、その時は僕がキャスティングに挙がってくると思います!

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!