• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > キアラ・セトル 登美丘高校ダンス部を絶賛「私たちの人生を変えた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キアラ・セトル 登美丘高校ダンス部を絶賛「私たちの人生を変えた」


キアラ・セトル(左)とヒュー・ジャックマン

 バレンタインデーの14日、都内でミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」(16日公開)の来日記者会見が開かれ、人気俳優ヒュー・ジャックマン(49)、ハワイ出身のキアラ・セトル(42)が出席した。

 ひげ女役を演じたキアラが歌う「This Is Me」はゴールデングローブ賞「主題歌賞」を受賞。アカデミー賞「主題歌賞」にもノミネートされ、ヒットしている。

 さらには、荻野目洋子(49)の「ダンシング・ヒーロー」バブリーダンスで有名な登美丘高校ダンス部とのコラボ企画として製作した同曲のミュージックビデオも注目を集めている。

 キアラは「あのビデオは最初に私が見て、ヒューやプロデューサーも見た。皆、感動して涙していた。先日のジャパンプレミアに来てもらいたかったが、大阪の高校生ということでかなわなかった。私たちの人生を変えたほど素晴らしいダンスだった」と同校生徒のパフォーマンスを絶賛した。

 さらに「彼女たちのダンスを見ると希望を感じるし、自分のことを少し信じられる気がする。自分がそれほど孤独でないと感じられる。とても感謝している」と時に涙を流しながら褒めたたえた。

 映画撮影前のワークショップでキアラが初めて同曲を歌った場面の動画は、1200万ビューを記録。キアラは「逃げ出したくて、他の人に代わってくれと訴えたが、ヒューも監督も『君がやりなさい』と言って、私の手を握ってウイスキーを飲ませてくれた」と振り返る。ジャックマンも「彼女はこの歌で役をいとめた。日本の皆さんにもぜひ見てもらいたい」とアピールした。

 キアラは「音楽は映画のストーリーで語り尽くせないことを伝えられる。どんな言語よりも雄弁なもの」と音楽の重要性を説くと「ヒューは私が気付かなかった私の中のポテンシャルに気付いてくれた。映画に出られたのも、今ここにこうしていられるのも彼のおかげ。奇跡的で最高の人。『全部あなたのおかげ』というTシャツを作ってしまったほど。お兄さんのような尊敬できる存在」と隣にいる恩人に感謝した。

 ジャックマンは「今、言ったことの録音コピーをくれ」とジョークで応じた。本作は「ラ・ラ・ランド」の製作チームが、8年がかりで製作にこぎつけた。19世紀半ばの米国で、差別や偏見と闘いながら画期的なエンターテインメントショーを完成させた伝説の興行師の生きざまを描く。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!