• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 国民栄誉賞の羽生善治竜王 藤井五段との対局「心待ちにしている」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国民栄誉賞の羽生善治竜王 藤井五段との対局「心待ちにしている」


羽生善治竜王(左)と井山裕太十段

 将棋史上初の「永世7冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁で初めて7冠独占を2度果たした井山裕太十段(28)が13日、将棋・囲碁界から初となる国民栄誉賞を授与された。

 首相官邸での授与式を終えた両氏は都内のホテルに移動して会見に臨んだ。羽生氏は「大きな励みとして、引き続き棋士として前向きに進んでいかないといけない」。井山氏も「棋士としてまだまだですので、受賞は今後への期待と解釈している」と謙虚にあいさつした。

 世界戦での“日本復権”を誓う井山氏は「長い間、日本としても結果が残せていない状況。少しでもいい戦いができるように、もう一度日本の囲碁を復活というか、日本もやれるんだということを示したい」と述べる。

 藤井聡太五段(15)の対局を17日に控える羽生氏は「藤井さんとは公式戦では初顔合わせ。お客さんを前にした公開対局でもあるので、張り切って土曜日の対局を心待ちにしている」と話し、ファンが心待ちにするビッグゲームへの意気込みを新たにした。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!