• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 名脇役・川地民夫さん “弟子”坂本一生が明かす武勇伝

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名脇役・川地民夫さん “弟子”坂本一生が明かす武勇伝


本紙の取材に応える川地民夫さん(1961年3月)

 菅原文太さんとコンビを組んだ映画「まむしの兄弟」シリーズや「仁義なき戦い」(いずれも東映)などで活躍した名脇役・川地民夫(本名河地猛=かわち・たけし)さんが10日、脳梗塞のため、神奈川・横須賀市の病院で死去したことが分かった。79歳だった。

 関係者によると、2週間前に逗子市内の自宅で倒れ、救急車で搬送。そのまま意識が戻ることはなかったという。

 川地さんは関東学院大在学中、石原裕次郎さんに勧められ、日活に入社。映画「陽のあたる坂道」(1958年)で裕次郎さんの弟役でデビュー。私生活では女優・中原早苗さんとの事実婚と短期間での破局、一般女性との結婚と離婚、宝塚歌劇団出身の麻生薫さんとの結婚と死別、そして最期をみとった喪主で妻のレスリーさんとの結婚と、1度の事実婚と3度の結婚をした“モテ男”でもあった。

 公私ともに親交があった坂本一生(46)は「僕が鎌倉で飲食店の店長をやっていたとき、川地さんは隣の逗子でバーを経営されていて、大変お世話になりました。お店はいつ行っても混んでいて、入れない時もありました。お客さんのお酒の量を多くしたり、男前なサービスぶりで皆さんに愛されていました」と本業以外でも周囲に愛されていたと、しのんだ。

 実は、出演映画の役のキャラクターを地でいくような“武闘派”な一面もあった。「巨漢の某俳優を倒した話など、いろいろ聞きました。『俺は暴れん坊だった。喧嘩は負けたことなかった』など無敵なエピソードが豪快で面白かったです」と、坂本に過去の武勇伝を聞かせたという。坂本は「芸能界での言動、仕事の仕方なども教えてくださった、親父のような、兄のような方でした。天国であの豪快な笑顔で見守っていると思います」と語った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!