• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 北島三郎 スキージャンプ葛西を絶賛「やっぱりレジェンドです」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北島三郎 スキージャンプ葛西を絶賛「やっぱりレジェンドです」


受賞に笑顔を見せる北島三郎

 大御所演歌歌手・北島三郎(81)が9日、都内で所属レコード会社主催の「第54回 平成29年度日本クラウン(株)ヒット賞贈呈式」に出席した。同日開幕の平昌五輪に出場するスキージャンプの葛西紀明(45)ら日本選手団にエールを送っただけでなく、2020年東京五輪への出演を視野に入れていることを明かした。

 シングルヒット賞など4部門で受賞した北島は「歌うことが好きですから。歌うことが使命です。こういう賞をもらうとうれしいに決まっています。皆さんに感謝したい」と笑顔を見せた。

 最近は表彰式といえば、自身が所有するGⅠ7冠馬・キタサンブラックのオーナーとしての出席が多かっただけに「やっぱ(歌手として)表彰されないとねえ。どこにいるのか分かんないようになったらなあ。寂しいですよ」と語った。

 この日の夜には平昌五輪の開会式が行われ、いよいよ冬のスポーツの祭典がスタートする。北島は「本当は今日行きたかったんだよ。(スキーの)大回転で出たかったよ。日本の選手に頑張ってもらいたい。風邪ひかないように気をつけて、できればメダル全部、持って帰ってきてもらいたい」と激励。さらに葛西について「彼はすごいですね。年齢というのを感じさせない。やっぱりレジェンドです。素晴らしい」と絶賛した。

 五輪に色気を見せた北島が選手で出場するのはさすがに無理だが、歌手としてなら話は別だ。「そのうちオリンピックが日本であります。私も“まつり”の勉強をしておかないと」と東京五輪のセレモニー出場をアピール。また“ショッピングモールの女王”としてブレークした歌手・半崎美子から、母の故郷の北海道・利尻島の名産品、利尻昆布をプレゼントされるなど、終始ご満悦だった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!