• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 眞子さま 結婚延期の内情

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眞子さま 結婚延期の内情


秋篠宮家の長女・眞子さま(右)と小室圭さん(ロイター)

 緊急事態だ――。秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と法律事務所勤務の小室圭さん(26)の結婚式が2020年に延期となった。6日、宮内庁が発表した。同庁はお二人の「お気持ち」を公表し、延期理由について「十分な準備を行う時間的余裕がないこと」を挙げたが、週刊誌で再三報じられた小室さんの母親の“金銭トラブル”も暗い影を落としたようだ。祖母の美智子皇后さま(83)は週刊誌報道に心を痛め、母・紀子さま(51)も思い悩み、それを見た眞子さまの心は揺れ動いた。小室さんも自身の母親が批判の対象にさらされ、気が気ではなかったという。

 一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」を来月4日に控えるなか突如、宮内庁から発表された結婚延期の一報。実は、マスコミの間で流れた当初情報は延期ではなく「破談」「婚約破棄」だったという。テレビ関係者はこう話す。

「8日発売の『女性セブン』がスクープすることがわかり、6日午後、報道各社の宮内庁担当記者には内々に結婚延期の情報がもたらされた。夕方にはそれが業界中に広まり大騒ぎとなったが、どういうわけか『破談』『婚約破棄』という内容だったのです」

 眞子さまと小室さんは宮内庁を通して発表した「お気持ち」文書で、延期理由について「十分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました」と説明。来年4月末から天皇陛下の退位や皇太子さまの即位など、大きな継承行事が控えていることを踏まえて、それらが滞りなく終了した後の再来年まで結婚を延期すると決めたという。

 一方で、週刊誌で立て続けに報じられた小室さん側の金銭トラブルも深刻な影響を及ぼしていた。

 昨年12月に真っ先に報じたのは「週刊女性」で、小室さんの実母が元婚約者の男性に400万円以上の借金があるというものだ。今年に入り「週刊文春」「週刊新潮」も後追い取材し、記事にしている。

「小室さんの学費や留学費用もその男性が工面していたが、あくまで“貸した”という認識。(小室さんの母親との)婚約解消後、小室さん母子に返済を迫ると、2人は『お金は贈与に当たる』と繰り返し、男性の連絡を無視するようになった。男性はそれを許すことができず、週刊誌上での告発に至った」(事情通)

 皇族との結婚において、相手方の“身体検査”は必須事項。このタイミングでスキャンダルが飛び出した時点で、宮内庁の検査が甘かったことになるが、今回は時間的な余裕が少なかった部分もある。

「眞子さまの父親である秋篠宮殿下はフランクなお人柄で、娘の結婚相手に特に注文をつけることはされず『お互いが結婚したいのであれば、それでいい』というお考えだった。宮内庁が本格的に小室さんの“身体検査”をしようとした段階で、すでに婚約の話がかなり進んでしまっていたようです」(同)

 一連の週刊誌報道に心を痛めているのは美智子さまだ。美智子さまは週刊誌の皇室報道にはすべて目を通されているといい、小室さんの母親に金銭トラブルが報じられて以降「大丈夫かしら…」と気をもむ日々が続いているという。

 そして、その様子を目の当たりにした眞子さまの母である紀子さまもまた「陛下や皇后さまに合わせる顔がない…」と思い悩まれていたのは想像に難くない。

 宮内庁関係者によると「週刊女性が出た時点では眞子さまの小室さんを思う気持ちに変わりはなかったが、年明けに文春と新潮で同様の金銭トラブルが報じられたあたりから、周囲への影響を考えるようになっていった」という。

 対する小室さんも女手ひとつで育ててくれた母親が批判にさらされていることにショックを受けた。母子は非常に仲が良く、母親は息子を「圭ちゃん」、息子は母親を「お母様」と呼ぶほど。関係者の話を総合すると、先月下旬に眞子さまサイドと、小室さんサイドで結婚延期の話し合いが持たれたという。

 あくまで延期は冷却期間ということだが、両者の間で新たな感情が芽生えた場合や、別のスキャンダルが発覚した場合は「破談」の可能性も残されている。

 宮内庁の加地隆治宮務主管は「週刊誌報道と結婚延期は関係ない」と強調しているが、眞子さまと小室さんの言う「準備の遅れ」が何かについてまでは明言を避けている。雲行きが怪しくなってきたことだけは確かなようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜きが金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!