• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 中澤らモー娘1期メンバー5人が奇跡のステージ「つんく♂さん、ありがとう」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中澤らモー娘1期メンバー5人が奇跡のステージ「つんく♂さん、ありがとう」


左から福田明日香、中澤裕子、安倍なつみ、飯田圭織、石黒彩

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。」の初代リーダー・中澤裕子(44)をはじめ、石黒彩(39)、飯田圭織(36)、安倍なつみ(36)、福田明日香(33)の結成メンバー5人が28日、愛知県芸術劇場大ホールで行われたハロプログループ全体コンサートにサプライズ登場し、メジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」を披露した。5人が卒業後、ファンの前で現役メンバーと共演するのは初めて。歌唱終了後、取材に応じ、感動の胸の内を明かした。

 20年前の1998年1月28日にメジャーデビューしたモー娘1期メンバーの中澤ら5人が、ステージで奇跡の再会を果たした。コンサート開始直後に登場すると、すぐに状況をのみ込んだファンは大声援を送った。

 ソロパートで「なっち! なっち!」の大きなコールを受けた安倍は「緊張したんですが、久々の『なっちコール』がうれしくて、しびれました!」。飯田も「かおりん! かおりん!」と熱烈なコールを受け「久しぶりに『かおりん』に戻れました!」と、アイドル時代の感覚を取り戻したそうだ。

 名古屋は5人がインディーズ時代、メジャーデビューの条件として課せられた、インディーズシングル「愛の種」5万枚を手売りで完売させた思い出の地。中澤は「いろんな条件が整って、この地に集まれた。スタッフさんが大変だったと思います」と苦笑いした。

 今回の再集結実現の要となったのは、現在「asuka」のアーティスト名で活動する福田だった。メジャーデビューから約1年後の1999年に芸能界を電撃引退。2011年に芸能活動を再開したが、しばらく表舞台では4人と共演することはなかった。そんないきさつがあったにもかかわらず、福田は「5人揃ってやったぜ!という感じです」とひょうひょうとしたもの。これに4人は「明日香らしい!」と笑った。

 また、石黒は中澤から受けた感動の言葉を明かした。「裕ちゃんから『運命の5人だね。オーディションを受けてくれてありがとうね』と。20年前から全てがつながってる。恵まれているなと思います」

 今や5人もママとなり「5人のライングループがあって、子育てのアドバイスを受けてます。ママの一番先輩はあやっぺですね。今日もスタッフさんに子供の面倒を見てもらったりと、最大限のサポートを受けてます」と飯田は感謝した。

 モー娘の歴史を受け継ぐ現役メンバーに「フォーメーションダンスとかすごい! 私たちはステップすらできなかった。太刀打ちできない。尊敬しています」と賛辞を送った中澤。囲み取材の最後に「ちょっといいですか」とかしこまり、グループ生みの親である音楽プロデューサー・つんく♂(49)に「つんく♂さん、ありがとうございました。無事に20年目を迎えました!」。1期から14期まで受け継がれた総勢41人のモー娘メンバーを代表して、感謝の気持ちを表し、歴史的な一日を飾った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!