• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > アイドルグループ「仮想通貨少女」が怒りの会見


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルグループ「仮想通貨少女」が怒りの会見


会見を行った「仮想通貨少女」(左から)香月ひなた、白浜妃奈乃、成瀬らら、上川湖遥、天羽あみ

 仮想通貨をテーマにしたアイドルグループ「仮想通貨少女」が27日、仮想通貨取引所「コインチェック」で顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」(ネム)が不正送金された問題を受け、都内で会見を行った。

 グループはライブの入場料、グッズ購入は仮想通貨のみの決済で、メンバーの給料の一部も仮想通貨で支払われるという触れ込み。11日から活動を開始したばかりだ。

 所属事務所は「コインチェック」にアカウントを開設し200万円を入金したが、今回の騒動で不正送金された仮想通貨「NEM」を含む全てのアルトコインの売買と出金が停止されたことで、給与支払いがストップしているという。

 28日未明に「コインチェック」は、不正流出した仮想通貨「NEM」保有者全員に日本円で返金すると発表したが、「補償時期や手続きの方法については検討中」としており、取引再開のメドは立っていない。

 返金発表の前に行われた会見に、メンバー全員が騒動の解決を願って購入したお守りを持って臨んだ。上川湖遥(17)は「私を応援するためにNEMにお金を出してくれたファンの方に申し訳ない」と語り、ハッカーに対し「バカヤロー!という気持ちです」と怒りをあらわにした。

 事務所はメンバーに「日本円での給与支払い」を提案したが、白浜妃奈乃(16)は「仮想通貨を推進していく立場なので断りました」。取引が再開されるまで給与支払いはストップするが、メンバーは「覚悟しています」と声を揃えた。

 新規ファン開拓など活動への影響も考えられるが、成瀬らら(18)は「リスクもあるが(仮想通貨は)素晴らしい技術ということを、私たちの歌とダンスを通じて伝えていきたい」と話した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!