• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 人気声優・花澤香菜 高校生以来のドラマ出演「得意なところを出せた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気声優・花澤香菜 高校生以来のドラマ出演「得意なところを出せた」


 

声優の花澤香菜

 1回で二度おいしい。人気女性声優の花澤香菜(28)が、29日放送のメ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2018」(東海地区)で久々の女優業に挑戦する。高校生以来となるテレビドラマ出演は「BOYS AND MEN」の小林豊(28)との共演だが、声優業と女優業、どちらの花澤も楽しめる、非常に“お得な”内容になっている。
 
 メ~テレ制作の「名古屋行き――」は今年で第6弾。オムニバス式で全10話と連続ドラマ化され、花澤が出演するのは第3話となる。花澤が落としたスマートフォンを小林が拾ったことから始まる物語なのだが、声だけの場面があるため「女優・花澤」と「声優・花澤」の両方を堪能できるのだ。

 ――演じてみてどうですか

 花澤:最初は電話で顔が見えないまま小林さんと会話していくのですが、そのシーンでは、言葉の情報量を結構つめてやろうと監督さんとお話ししました。そういう作業はいつもしているので、声優の武器というか、私の得意なところを出せたのかなと思います。私の声をアニメなので聞いてくださっている方はなじみがあるかもしれません。顔が出てからは結構新鮮かも。恥ずかしいですけど(笑い)。

 ――キャラクターについて

 花澤:小林さんの大ファンの女の子なんですが、彼に自分のスマホを拾われて、本人とは知らずに会話するんです。天然な明るさと強引さを持った、親しみやすい雰囲気のある女の子。私は周りの人の感覚や雰囲気をすごく考えてしまうほうなので、結構違うなと思います。

 ――自分と違うキャラを演じることは難しい

 花澤:気を使う部分はあります。でも彼女に引っ張られて普段では出ない表情が出るのは面白いかなと思います。普通の人なら悩んでいうセリフも、彼女はあっけらかんとしていたり。コメディードラマ的というか、ふだん使わない表情筋を使います(笑い)。眉間にしわをよせたりとか。監督と話し合いながらやりました。

 ――声優と女優の違いは感じる

 花澤:声優のお仕事の場合、本番の2、3日前に台本やVTRをいただいて、そこから役作りをしていってリハーサルで出してみるという感じなのですが、今回は事前に監督と顔合わせをして役作りについて話ができました。現場でもディスカッションさせていただいているので、そこの違いはあると思います。

 ――やりやすい

 花澤:やりやすいです。ドラマに出るのは高校生以来のことだと思うのですが、自分が映って演じるということをあまりやったことがなく不安もあったので、話し合いながらできるのはとても心強いですね。

 ――小林豊さんとの共演とあって、2人がどうなってしまうのかファンはドキドキしそうですが

 花澤 ご安心くださいといいたいです(笑い)。私には、もう恋人というか好きな人がいる設定で、その人とどうなるのかも物語の核となったりします。小林さんとの恋愛的な要素はまったくないです(笑い)。

 ――今後女優業を増やす予定は

 花澤:舞台も挑戦しますが、こういうお仕事は声優のお仕事をたくさんやってきた中でつながってきたご縁ですから、今後もあればいいなと思います。大事にしたいです。

◇神道俊浩プロデューサーの話「この話は最初、電話の声だけなので声が魅力的な人がいいなと思ったんです。人気の声優さんがいいと思い、調べたら演技力が一番高い人が花澤さんでした。先に電話の声だけ撮ったのですが、それを聴くとワクワクしてくるんです。人気声優のトップの方のすごくテンポ感のいいしゃべりがまずあって、小林君が電話を取ってお芝居をつけていくんですが、アニメ界と実写界の融合みたいな。このやり方で今後なにか新しくできるんじゃないか、という夢のある形になっています」

☆はなざわ・かな=1989年2月15日、東京都生まれ。幼稚園児から子役として活躍し、「やっぱりさんま大先生」などにレギュラー出演。2003年声優初挑戦。「ゼーガペイン」(06年)ヒロイン役を契機に声優業へ。多数の作品に主演、レギュラー出演。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!