• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 元「ドロンズ」大島直也 壮絶な介護生活終え念願の初舞台「挑戦の年にしたい」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元「ドロンズ」大島直也 壮絶な介護生活終え念願の初舞台「挑戦の年にしたい」


“しくじりスター”?が共演。後列左から大島、若井、前列左から2人目が鳳恵弥、右端が山本圭壱

“しくじりスター”が夢の共演!? 未成年への淫行騒動から10年のブランクを経て復帰したお笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(49)、元「ドロンズ」の大島直也(46)らが18日、都内の築地玉寿司築地晴海通り店で行われた舞台「こと~築地寿司物語~」続編製作発表会見に出席した。

 同舞台には、3年前に最愛の妻に離婚(その後に妻は再婚)され、ワンルームでわびしい一人暮らしを送るガンダム芸人・若井おさむ(45)、同じく3年前の「いい夫婦の日」に苦労をともにした妻から離婚届を提出された大島、さらには昨年、女優・鈴木砂羽(45)が初めて演出を務めた舞台「結婚の条件」の公演直前に鈴木とモメて緊急降板し、“土下座強要降板騒動”として世間を騒がせた女優・鳳恵弥(37)が出演。まさに“しくじりスター”の夢の共演だ。

 もともと役者志望だった大島は「ちゃんとした舞台に立つのは初めて。去年、いろんなことがあったので今年は挑戦の年にしたい」と抱負を語った。

 大島は「進め!電波少年」(日本テレビ系)でブレークしたドロンズを解散後の2006年、東京・恵比寿に「ちりとり鍋 大島」を開き、大繁盛させた。研究を重ねたこだわりの味が話題を呼び、メディアにも多数取り上げられた。結婚して子供も生まれ、順風満帆かと思われた矢先に、妻から三くだり半を突きつけられ、店も手放すハメになった。

 昨年は末期の肺がんを患った母の介護をしながらバイトで生活費を稼ぎ、借金を返済する日々を送っていたが、7月に母は旅立った。がんのショックから反応性うつ病にかかった母は、感情の起伏が激しくなり、大島がバイトに出かけた間に部屋を糞便まみれにするなどの問題行動もあったそうで、大島は壮絶な介護体験を送ったという。

 大島は「今は全国で介護の体験を語る講演会をやらせてもらっている。今後はタレントとして幅広く活動したい。秘伝のみそのレシピもいまだに譲っていないので、いずれまた飲食店を始めることもあるかもしれない」と語った。再ブレークを期待したい。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!