• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > オカダ・カズチカに新恋人 人気声優・三森すずこと真剣交際5か月

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オカダ・カズチカに新恋人 人気声優・三森すずこと真剣交際5か月


オカダと三森の交際が明らかに

 新日本プロレスのIWGPヘビー級王者でプロレス界のエース、オカダ・カズチカ(30)の「新恋人」の存在が12日までに本紙の取材で明らかになった。お相手は人気声優の三森すずこ(31)で、昨年8月の「G1クライマックス」後に真剣交際をスタートさせたという。交際していたテレビ朝日の森葉子アナウンサー(31)とは同6月に破局を迎えており、新たな恋の行方とともに公私の充実が期待される。

 複数の関係者の話を総合すると、2人の交際がスタートしたのは新日プロ真夏の祭典「G1クライマックス」が終了した昨年8月ごろ。三森は新日プロと同じく「ブシロード」を親会社に持つ声優事務所「響」に所属する超人気声優で、声優ユニット「ミルキィホームズ」や「μ’s(ミューズ)」で音楽活動も行い、2015年にはNHK紅白歌合戦に出場した。2人は12年に新日プロがブシロード体制となってからイベント会場などで交流があり、昨夏から急接近したという。互いに多忙の合間を縫って愛を育んでいたと見られ、オカダが三森のライブを、三森がオカダの試合を観戦に訪れる姿も目撃されている。

 オカダは12日の名古屋大会前に本紙の取材に応じ、新恋人の存在について「事実です」と認めた。また、三森の所属事務所も公認の交際のようで「2人は真剣にお付き合いをしていると聞いています」と回答した。

 本紙は昨年1月、13年から続いていたオカダとテレビ朝日の森アナウンサーとの交際を報道。結婚間近と見られていたが、大阪城ホール大会のあった昨年6月に破局した。オカダは「いろいろなことがあって、話し合った結果、ですね。お互いに別々の道を歩んだほうがいいとなりました」とその経緯を明かした。

 破局のショックを埋めてくれたのが、新恋人・三森だ。交際期間はまだ5か月とあり、結婚の話題までは出ていないようだが、オカダは「今後のことも真剣に考えてお付き合いさせていただいてます」と語った。

 その愛くるしいルックスで多くのファンを魅了する三森は昨年10月にリリースした個人8枚目のシングル「エガオノキミへ」が自己最高のオリコン4位を記録するなど、声優業以外でも順調の一途。

 ツイッターのフォロワーはなんと115万を超える超人気者で、業界の垣根を越えた美男美女のビッグカップルの今後にも注目が集まる。

 オカダは4日東京ドーム大会のIWGPヘビー級王座V9戦で内藤哲也(35)に勝利した後、リング上で「18年『感動の雨』『驚きの雨』『幸せの雨』、いろんな雨を降らせていきたいと思います」と宣言した。くしくもドーム直後に熱愛という「幸せの雨」が判明した格好だが、本人は「あれは本当、会場に見に来たお客さんを満足させるという意味で、プライベートとは別ですよ」と苦笑い。

「17年は充実した一年でしたし、プライベートではいろいろありましたけど、18年もいいスタートは切れたので。リング上はもちろん、プライベートも充実させていい一年にしたいと思います」と改めて誓った。

 リング内外で「レベルの違う」話題を振りまくレインメーカーにはさらなる飛躍が見込まれる。

【プロフィル】

 オカダ・カズチカ 1987年11月8日生まれ。愛知・安城市出身。中学卒業後に闘龍門に入門し、2004年8月にメキシコでデビュー。07年に新日プロに移籍。米国遠征から帰国し、12年から「レインメーカー」を名乗る。これまでにIWGPヘビー級王座を4度獲得し、現在9連続防衛中。東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞12、13、15年度MVP。必殺技はレインメーカー。191センチ、107キロ。

 みもり・すずこ 1986年6月28日生まれ。東京都出身。本名・黒川鈴子。2010年から声優活動を開始。13年からは声優ユニット「ミルキィホームズ」のメンバーとして音楽活動も開始。ソロ活動でもヒット作を生み出している。舞台やCMなどの出演でもマルチな才能を発揮し「みもりん」の愛称で、アニメ業界を中心に絶大な人気を誇る。趣味は料理、観劇、歌。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!