• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > トランプ大統領激怒! 爆売れ暴露本でカツラ疑惑の真相判明!?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ大統領激怒! 爆売れ暴露本でカツラ疑惑の真相判明!?


あっという間に完売したトランプ政権暴露本(ロイター)

 トランプ政権の内幕を描いた暴露本「Fire and Fury ~Inside the Trump White House~」(「炎と怒り」~トランプのホワイトハウスの内側~)が5日発売され、衝撃が広がっている。

 トランプ大統領(71)は「本を売るためのでっちあげ」と内容を否定し、出版差し止めを求めているが、売り切れ店が続出。火に油を注ぐ状態となっている。

 ジャーナリストのマイケル・ウォルフ氏がトランプ氏側近など200人を1年半にわたって取材し、執筆した暴露本はトランプ氏が慌てふためくのも当然の内容だ。

 側近のティラーソン国務長官やムニューシン財務長官らがトランプ氏を「バカ」呼ばわりし、コーン国家経済会議委員長は「愚か者」、マクマスター大統領補佐官は「マヌケ」と散々な言われようだ。

 トランプ氏といえば、頭髪をヒヨコにたとえられ、カツラではないかと物議を醸してきた。トランプ氏はトーク番組で司会者に頭髪を触らせるなど、疑惑を否定してきたが、暴露本では娘のイヴァンカ大統領補佐官の証言として、「頭頂部は無毛状態で、前後左右の髪を頭頂部に集め、スプレーで固めている」と暴露。金髪を染めるスプレーのブランドまで明らかにされ、トランプ氏にとってはこれが最もしゃくに障ったのかもしれない。

 そのほかにもトランプ氏の性癖や毒殺を恐れての防御策、そして弾劾に発展しかねないロシアゲート疑惑など内容盛りだくさんだが、トランプ氏は「内容はウソであり、取材源というのは架空だ」と批判している。

 米メディア界では、著者のマイケル氏は話を大きく“盛る”手法で有名とあって、信ぴょう性には?マークも付けられているが、トランプ氏のイメージダウンは避けられない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!