• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【不倫騒動】今井絵理子&山尾志桜里議員の今

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不倫騒動】今井絵理子&山尾志桜里議員の今


永田町を騒がせた山尾氏

「辞めたい…」今井に、“さらなる暴走”山尾――。毎年、不倫騒動が絶えない政界で、2017年は「SPEED」の元メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(34)と元民進党の山尾志桜里衆院議員(43)の2人が、世間を大騒ぎさせた。ともに相手男性とは「肉体関係はない」と不倫を否定し、議員バッジは外していない。疑惑発覚直後、質疑応答のある正式会見は開かないまま、追及の手を振り切った2人。ツラの皮の厚さだけはベテラン議員顔負けの2人の近況を追跡してみると――。

 7月に橋本健元神戸市議(37)との“略奪不倫疑惑”が報じられた今井氏の近況が漏れ伝わってきた。

 スクープした「週刊新潮」にはホテル内をバスローブ姿でうろつく姿や、新幹線車内で橋本氏と“手つなぎ爆睡”する写真が掲載されたが、今井氏は「一線は越えていません」「略奪不倫ではありません」の一点張り。議員辞職を求める声にも耳を貸さず、騒動後も橋本氏との“ただならぬ関係”は継続中とみられる。

 だが、ここにきて今井氏に心境の変化が…。周囲に参院議員を「辞めたい」とこぼしているというのだ。

 政界関係者によると「これまで批判されることがなかった彼女にとって、今回の大バッシングは初体験。最初こそ気丈にふるまっていましたが、周囲から腫れ物扱いされ、国会では存在感ゼロ。さすがに心が折れてしまったようです」と話す。

 ただ、本人は「辞めたい」の後に、こうも続けている。「でも、今辞めるわけには…」。この言葉の裏には、今井氏が「政界の母」と慕う自民党の山東昭子参院議員(75)の存在がある。

 山東氏といえば、今井氏を政界に導いた人物で、不倫報道後には一部メディアに「彼女は非常に反省していました。“離党でも、除名でも、辞職でも、なんでも山東さんの言う通りに従います”と言っていました」と明かす一方で、今井氏の議員継続を容認してきた。

「今井さんは自分を守ってくれた山東氏の“顔”を立てるため、任期途中で辞めることはできないと考えているようです」(同)

 昨年当選したばかりの今井氏の任期は2022年まで。前出の関係者によれば「当たり前だが、次期参院選には出馬しない」というが、このほど新たな秘書が事務所入りした。長い残り任期を見据えて心機一転を図ったのか。

 一方、9月に民進党前原誠司新代表体制で幹事長就任が内定していた山尾氏に持ち上がったのが、倉持麟太郎弁護士(34)との“肉食不倫疑惑”。「週刊文春」で週4密会が報じられるや、山尾氏は「男女の関係はありません」と疑惑を否定したが、離党した。

 結局、この騒動で民進党がガタガタとなった間隙をついて、安倍晋三首相(63)は衆院を解散。総選挙で無所属で出馬した山尾氏は辛くも当選すると、みそぎは済んだとばかりに「公私で一線をひかせていただく」と宣言。だが、倉持氏を政策顧問に就任させ、周囲をあぜんとさせた。

 すると、立て続けに反撃を開始。「婦人公論」(12月26日・1月4日合併特大号)では「どんなに批判されても私が倉持さんを選ぶ理由」とのタイトルで倉持氏と対談で登場したかと思えば、写真週刊誌「FLASH」(1月2・9日号)では倉持氏が「激白100分」と3ページにわたって、改憲論を披露。両方とも山尾氏との不倫疑惑に関する記述は一行もなかった。

 実はFLASHと山尾氏はひと悶着があった。

「先月、FLASHが山尾氏を直撃した時の取材方法について、漫画家の小林よしのり氏が『ヤクザ顔負けの脅迫取材だ』とキレた。小林氏はFLASHの連載陣で、洗いざらいぶちまけるとタンカを切ったら編集長がすぐさま謝罪した。倉持氏の言い分だけを載せたのは手打ちということでしょう」(永田町関係者)

 安倍改憲にストップをかけるべく、メディアの取り込みに入っている山尾氏。「安倍首相の血圧が上がる天敵の野党議員は蓮舫氏、山尾氏、辻元清美氏の3人。蓮舫氏と山尾氏が立憲民主党入り(山尾氏は立憲と同じ会派に所属)したら、安倍首相のイライラがさらに募ることになるでしょう」(自民党関係者)。

“暴走モード”に突入した山尾氏は誰も止められなさそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIサマーナイトフェスティバル】松戸競輪場で14日開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で公開!

【SGオーシャンカップ】開会式にSKE48が登場! 出場選手52人を激励!!
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!