• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「みなおか終了」とんねるず石橋が思い描く未来

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「みなおか終了」とんねるず石橋が思い描く未来


石橋貴明

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】年の瀬のお笑い界で、一番の話題はとんねるずだ。約30年続いたフジテレビ系の長寿バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」が、来年3月に終了することが正式発表された。他の芸人にも激震が走ったのは言うまでもない。

 土田晃之は「本当にお疲れさまですっていうか、一時代を築いて、すげぇなって思いますよね。だって30年もやれる番組、ないもん」。バナナマンの日村勇紀は「15歳の時に始まったってことだもんね。中3か。そんな子供が見てたんだよね。まさか番組に出させてもらうなんて。夢にも思わなかった」。

 おぎやはぎの小木博明は「すごい番組だよなぁ。はやる言葉とかゲームって、とんねるずが一番多い気がするんだよな。『男気ジャンケン』『全落・水落シリーズ』それに『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』とか」と思いをはせる。

 石橋貴明はかつてこんなことを語ったという。極楽とんぼの山本圭壱が振り返る。「とにかく流れに身を任せろと。流れに身を任せておけば、必ず海に出られるからっていう話をされたことがあるんですよ。だから川を上流に向かってガンガン泳いでも仕方ない。逆流してもしょうがない。そうじゃなしにリラックスして、とにかく川の流れに身を任せなさい、と。そうすれば必ず海に出られるから。そう、海に出てからが勝負」

 また石橋は6年前、相方・木梨憲武についても語ったという。

「謙遜でもないよ。自分で分かるじゃん。自分の資質って。木梨憲武の方が資質は上なんだよ。あいつの方が、これから10~20年したら、すっごいスーパースターになる。俺にはそれがないんだよ。アイツはそれ以上を求めていかないから、今、フラフラしてるけど(笑い)。資質を自分でちゃんと考えて『よし、いってやろう!』って考えたら、あっという間にナンバーワンになってると思う」

 石橋はそのうえで自分の未来も語っている。

「あと数年したらイタリアに行って、イタリア料理でも勉強してこようかって思ってるんだよ。俺はプロ野球選手になりたかったけど、もう一つなりたかったのが料理人。『前略おふくろ様』が大好きなドラマだったから、サブちゃん(萩原健一)みたいな料理人がいいなって思って。料理って客前でネタをやってウケるのと一緒でライブ感じゃん? 目の前で調理して食べてもらって、おいしいって言ってくれるっていうのは、ライブでネタをやってウケて気持ちいいのと一緒かな。そっちを一回やってみたいな」。新たな可能性を示唆していたという。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!