• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 原田悠里 ジム通いで身につけた驚きの特技


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原田悠里 ジム通いで身につけた驚きの特技


一緒にステージに立った原田悠里(右)と二葉百合子

 演歌歌手・原田悠里(62)が、歌謡浪曲の師匠である二葉百合子(86)を目指す。

 原田は1999年ごろから二葉の門を叩き、弟子入りしていた。

「北島(三郎)先生がレッスンを勧めてくださって、二葉先生が快く引き受けてくださったのがきっかけ。もう20年以上前になるでしょうか」。いまでは坂本冬美、藤あや子などとともに「二葉組」の一人に名を連ねている。

 二葉は2011年に歌手を引退したが、先日、都内で開催された原田のコンサートにゲストとして登場。2人で11分にも及ぶ「湯島の白梅」を熱唱した。共演は、二葉の引退コンサート以来だそうだが、二葉の変わらぬ歌唱、声量に「本当にすごい。私も見習って86歳までがんばります」と意気込んだ。

 この言葉は、決して口先だけのものではない。原田が「月8回以上は必ず行っている」と言うジム通いで、ここ10年以上、体重はもちろんのこと、体形も変わっていない。原田に近い関係者は「むしろ筋肉が付いている分、引き締まっている部分もあるかも」という。

 体形維持について原田は「仕事の一環のようになってきた」と言うほどの熱の入れようで「3か所ぐらいの筋肉を動かすことができる。いまは天使の羽(肩甲骨)辺りかな。お見せできないのが残念」と意外な特技も明かす。

 前出の関係者は「腕や胸、腰の辺りの筋肉だけをピクピクさせるんです。ちょっとすごいですよ。初めは1か所だけだったんですが、動くようになったら面白くなったのか、ますます鍛えるようになった。着物を着てますが、実際、脱いだらかなりマッチョです」。

 体形の維持が、この先の息の長い歌手生活を支えるはずだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!