• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 内山理名 死後に知った父の愛「もっと早くに“ありがとう”と…」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内山理名 死後に知った父の愛「もっと早くに“ありがとう”と…」


左から柳沢慎吾、竹中直人、内山理名、舘ひろし、永井大

 女優・内山理名(36)が15日、都内で行われたNHK総合の主演ドラマ「マチ工場のオンナ」(24日スタート、毎週金曜午後10時)の会見に出席した。

 32歳の専業主婦(内山)が父の残した町工場の社長を継ぎ、再建に奮闘する物語。実生活でも父親を亡くしている内山は幼少期、父親のことが「(性格的に自分に)似ているところがあって、好きではなかった」という。

 父親からの愛情に不安を感じたこともあったそうだが「(自身をかたどった)テレホンカードとかがお財布の中に入っていた。(それを)亡くなってから知った」と告白。「もっと早くに“ありがとう”と言っておけばよかった」と続けた。

 内山の夫役を務める俳優・永井大(39)は、妻で女優の中越典子(37)との間に今年5月、第1子となる男児が生まれた。それだけに「息子が誕生して初の父親役。思い入れが深い作品になった」と感慨もひとしおの様子。「夫婦の葛藤とか言い合いのシーンがあるが、リアルな感じにできているのではないかと思う」と胸を張った。

 撮影は8月中旬にクランクインし、名古屋や岐阜、三重で撮影。20日にクランクアップ予定という。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は平和島ボート・SG「ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!