• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 藤原紀香「ミス・インターナショナル世界大会」審査員で圧倒的存在感

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤原紀香「ミス・インターナショナル世界大会」審査員で圧倒的存在感


プレゼンターを務めた藤原紀香

「第57回ミス・インターナショナル世界大会」は14日、各国・地域代表69人を集め、東京・文京区の東京ドームシティホールで開催され、インドネシア代表ケビン・リリアナさん(21=T176・B82・W64・H82)が優勝。昨年のフィリピンに続き、2年連続でアジアから世界一の美女が誕生した。

 ヒロインインタビューでリリアナさんは「本当に信じられません。私の夢がかないました。まさかここまでこれるなんて、ホントに思ってませんでした。ミス・インターナショナルの関係者の皆さん、私にこのような機会を与えてくださって本当にありがとうございます。今後は文化交流に寄与していきたいと考えています。インドネシアの皆さん、やりました!」と喜びを爆発させた。

 日本代表・筒井菜月さん(24=T174・B90・W60・H91)は5位止まりだったが、民族衣装を見事に着こなしたミスに贈られる「ミス・ナショナルコスチューム」を受賞した。

 各国代表が民族衣装、水着、イブニングドレスで登場するたび、それぞれの応援団が旗を振って大歓声を上げ、会場はさながら“美のオリンピック”といった雰囲気。日本人は国民性かおとなしめだったが、そんな中、目立っていたのが審査員の藤原紀香(46)だった。朱色の着物風ドレスは胸元がセクシーで、審査のためバックステージに引っ込む際、悠然と歩く紀香に、周囲の日本人の目はくぎ付け。

 最も水着が似合う「ミス・パーフェクトボディー」に選ばれた、4位のオーストラリア代表アンバー・ドゥーさん(21=T175・B95・W70・H88)のプレゼンターを務めた紀香は、ドゥーさんと並んでも引けを取らない“紀香ボディー”を見せつけた。さすが女子大生時代の1991年、国内ミスコン「ミス日本」でグランプリを取っただけのことはある。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!