• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > いしだ壱成2度目の離婚の裏に特殊な“7つの掟”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いしだ壱成2度目の離婚の裏に特殊な“7つの掟”


いしだ壱成

 俳優のいしだ壱成(42)が18日に2度目の離婚を発表したことを受けて20日、TBS朝の情報番組「ビビット」が、壱成が元タレントの夫人に課していた“7つの掟”を紹介した。その“掟”とは以下のようなもの。

1・毎朝コップ1杯の水を用意
2・次に白湯を用意
3・シャワー中にバスタオルと洋服を用意
4・サラダ用に7種類のドレッシングを用意
5・帰宅時に45度の風呂を用意
6・入浴中に服を洗濯機へ、カバンを部屋へ
7・その日の領収書をまとめて精算

 壱成は離婚の原因について「すべて私の至らぬところ、不徳の致すところ」とブログで述べているが、“掟”もその一因だったのだろう。

 MCの国分太一(43)とコメンテーターらがこのあまりに神経質な“掟”に驚いているなか、テリー伊藤(67)は「男が領収書を全部、奥さんに精算させるかね!? たとえばキャバクラのとかさ」と別の視点から疑問を投げかけた。

 一方、番組では壱成の父親の石田純一(63)に離婚について直撃。石田は「ビックリした。と同時にやっぱりそうか!と残念な気持ち」と胸中を明かし、石田の自宅にも以前は夫人と一緒に訪れていたが「最近は壱成が一人で来ることが多くなって、心配していた」と、うすうす不仲に気づいていたことをうかがわせた。

 番組では石田にも“掟”への感想を求めたが、石田は「風呂の温度、45度はちょっと高いよね」と、“掟”の是非には触れず笑いに変えて切り抜けた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIサマーナイトフェスティバル】松戸競輪場で14日開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で公開!

【SGオーシャンカップ】開会式にSKE48が登場! 出場選手52人を激励!!
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!