• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 戸田恵梨香と交際!成田凌の超絶モテ伝説

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸田恵梨香と交際!成田凌の超絶モテ伝説


モテすぎ男といわれる成田凌

 まさかの接触事故によって発覚した女優の戸田恵梨香(29)と俳優の成田凌(23)の熱愛が波紋を呼んでいる。写真誌「フライデー」によると、同誌が張り込み車で別件の取材中、偶然にも成田が運転する車が衝突。これだけでも珍しいが、何と戸田も同乗していたことで、2人の交際がありえない形で公になってしまった。だが、成田に心配されるのは、ドライビングテクニックだけではない。名うてのプレーボーイは、下半身も“暴走気味”らしく、あちこちの女と“接触”しているというのだ――。

 同誌によると、今月8日、都内で某アイドルの熱愛を撮るべく張り込みをしていると、後方から来た車に衝突されたのだが、中から出てきたのは成田、そして戸田だったというまさかの展開。平身低頭の2人は、被害者に謝罪し、警察の取り調べにも素直に応じた。ところが、相手がフライデーだとわかって、さすがに仰天。戸田が豪快に笑い飛ばす場面は何とも印象的だ。

「戸田の車を成田が運転していて起こったそうです。戸田の所属事務所社長がやって来て『フライデー』の名刺を見るや『うえ!』とうめく場面がありますが、本当に悪夢だったと思いますよ。同誌といえば、同じ所属事務所の広末涼子の奇行を報じ続けた因縁の相手ですからね。ありえない相手に、めまいがしたのではないでしょうか」(芸能関係者)

 その場で同誌記者が交際について問いただしたところ、戸田は「今、そういう感じではないですけど…」と明言はせず。成田は聞き取れないほど小声だったという。2人は7月期の月9ドラマ「コード・ブルー3」(フジテレビ系)で共演していただけに、付き合い始めた直後に発覚したとみられる。

「戸田は、過去に加瀬亮、勝地涼との熱愛情報が浮上しただけに『また“りょう”かよ! 芸能界の“りょう”を制覇するつもりか』とネット上でやゆされています。ほかにも噂になった有名人は多く、恋多き女優ですね。今回、6歳年下ですが、若手イケメン俳優なので、ときめいてしまったのかもしれません」(同関係者)

 だが、今回も長続きするかどうかはわからない。それどころか、本格交際にまで発展するかどうかさえも怪しい。というのも、成田が超絶モテ男だからだ。芸能プロ関係者が声を潜める。

「実は、有名アイドルグループのAが成田にほれて近づいたことがあったんですよ。で、1回“親密”な関係になった。うれしくなったAはなれなれしくすると成田は『彼女ヅラしてんじゃねえ』とあっさり切ったとか。それで、同じグループのBに手を出し、仲が良かったAとBの関係がズタズタになったそうです。でも、その当時の本命は若手女優のCだったというオチまでつきました」

 それだけならまだいいが、一方でこんないただけない話もある。

「映画の撮影で、成田が遅刻してきたことがあったそうなんです。理由はモデル2人を『ヒ~ヒ~言わせていたから』だったとか。それを聞いた某監督はカンカンでしたね。遅刻すれば他の共演者やスタッフに迷惑がかかる。まあ、まだキャリアも短かったですし、自覚も足りなかったのでしょう。もちろん、すぐに反省して謝罪したそうですけど」(映画関係者)

 つまり、成田の“暴走運転”は何も車だけではなかったということだ。だが、これからも“接触事故”が続くのは時間の問題かもしれない。

「とにかく女が大好きですからね。戸田も男大好きなので、どうなることやら…。あんまり派手に遊んでいると、取り返しのつかない事故に遭うこともありうるので、今回の一件を教訓にしてほしいものです」(前出の芸能関係者)

 わき見運転は禁物だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!