• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 清水アキラ涙の謝罪 三男・良太郎容疑者は「事務所クビ」「話もしたくない」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水アキラ涙の謝罪 三男・良太郎容疑者は「事務所クビ」「話もしたくない」


会見で涙を流し謝罪した父・清水アキラ

 ものまねタレント・清水アキラ(63)が三男で俳優の清水良太郎容疑者(29)が覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されたことを受けて12日夜、自宅前で緊急会見を行い「このたびは私のせがれ、清水良太郎が世間をお騒がせし、ご迷惑をおかけしました」と謝罪した。

 報道陣を前に涙を流したアキラは良太郎容疑者が一転、容疑を認めたことについて「ホッとした。前の賭博(闇カジノ)の時も何度も『どうなんだ』と聞いて怒鳴りあったんですよ。闇カジノの時もきちんと自分で本当のことを言えていればこんなことにはならなかった。反省していない、スキだらけだったんです」と語った。

 薬物使用の兆候はなかったというが「10日くらい前に、ゴルフのマナーが悪いので叱ったら、初めて『お前、ふざけんな』と私のことを怒鳴ったんですよ。『お前、俺にそういう口がきけるならほかの人にもそういう口をきいているんだな。なら(事務所を)辞めろ』と言ったら本人は『辞める』と答えた」。家庭を築いて落ち着くどころか、親子ゲンカで神経を高ぶらせていたという。

 良太郎容疑者に対しては「自分の事務所はクビにする」「崖っ縁から崖に落ちたんだから上るのは自分」と突き放す一方で「うちの次男から『車の中に薬を入れるパケがあって(警察が)押収していった』と聞いて、それは間違いなく私が飲んでいる薬だったので胸をなで下ろした」などと親心ものぞかせた。

 アキラの仕事にも影響が出ているという。「それは親なので仕方がない。(良太郎の)ファンの方には一度、離れていただいて、彼も一人で考えたほうがいい。今日も目白警察の前を通りましたけど涙も出ませんでした。『ここにいるのかな』というくらい。面会したいとも思わない。話もしたくない。かける言葉もないですね。自分ではい上がってこないとダメだと思います」と心を鬼にした。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!