• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 尾野真千子「離婚」で高橋一生と復縁か 別離原因“格差”と“疑惑”解消

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尾野真千子「離婚」で高橋一生と復縁か 別離原因“格差”と“疑惑”解消


復縁が噂されている高橋(右)と尾野

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で小野但馬守政次を好演し、出演が終わると“政次ロス”の女性が続出した高橋一生(36)と、元カノの“復縁”が噂されている。お相手は11日に離婚を発表した女優・尾野真千子(35)。2人はかつて同棲までしていた仲で、当時は“格差交際と二股疑惑”で別れたが、高橋のブレークと尾野の離婚を機に、再び交際をスタートしたのではないかとみられている。

 高橋は脇役としてのキャリアはあったが、今年1月クールのドラマ「カルテット」(TBS系)に出演したころから女性人気がブレーク。1月にスタートした「――直虎」で高橋が演じた政次が8月20日放送分ではりつけの刑で死亡すると女性視聴者の多数が“政次ロス”に陥った。

 高橋は10月16日にスタートする篠原涼子(44)主演の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)に出演するため、ファンは救われそうだ。だが、もっと気になる情報が出ている。

 元カノの尾野が11日に「EXILE」の所属事務所役員との離婚を発表したからだ。

「尾野の離婚直後から、高橋との復縁が噂されているんです。そもそも2人は嫌いで別れたわけではない。“二股疑惑”という誤解で別れただけで、再会を果たしたともいわれています」とは芸能プロ関係者だ。

 2人は2010年7月クールのドラマ「MM9」(TBS系)での共演をきっかけに交際スタート。尾野がヒロインを演じたNHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」のクランクアップ後の12年3月に同棲が報じられた。

「朝ドラ(カーネーション)が始まる前にはすでに同棲していたんですが、ドラマの収録は大阪が中心だったので一時的に同棲を解消し、ドラマ収録終了後2人がお互いのSNSにトマト鍋パーティー写真を投稿していたことや、その翌日に尾野が高橋のマンションに家財道具を運び込んだことがわかって“結婚近し”とも報じられたんです」(ドラマ関係者)

 だが、3か月後、高橋が「彼女は女優として大事な時期だったから、私たちは同棲を解消しました」と破局を語った。その裏には尾野と芸人のほっしゃん。(星田英利=46)との不倫疑惑があったとされる。

「尾野はドラマで共演したほっしゃん。と2度にわたってデートをフライデーされているんですが、一度目に報じられたとき、高橋は“二股”をかけられていたと認識。だけど当時は俳優としての格でいえば、高橋より尾野の方が上だった。彼女の将来を考えて『女優として大事な時期』との言葉を残して身を引いた。そういう思いやりのある男なんです」(映画関係者)

 ブレーク以降、高橋はトーク番組などにも登場し「結婚はタイミングを待っている」と話している。

「以前は『結婚願望はない』と公言してきたんですが、最近は36歳になったのもあってか、心境が変化している。そんなタイミングで元カノの尾野が離婚。すでに連絡を取り合い、再会したともいわれていますし、俳優としても尾野に負けない人気となったわけですから、何の引け目もなく、復縁するのではないかと周囲は見ているわけです」(芸能プロ関係者)

 さて、焼けぼっくいに火はついたか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!