• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > SKE・チームEの公演がCD化 人気の秘密は“全力感”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SKE・チームEの公演がCD化 人気の秘密は“全力感”


CD発売イベントに参加したSKEチームEの5人

 アイドルグループ「SKE48」チームEの須田亜香里(25)、斉藤真木子(23)、谷真理佳(21)、井田玲音名(18)、高畑結希(22)が27日、名古屋市内のSKE48劇場で行われたアルバム「SKEフェスティバル」の発売イベントに参加した。

 このアルバムは2016年9月にスタートしたチームEの「SKEフェスティバル公演」をCD化したもの。「SKE48では公演楽曲のCD化は4年ぶり。それがチームEでうれしいです」(須田)、「この日をずっと楽しみにしてました」(井田)とメンバーは現チームでの初のCD発売に喜びを爆発させた。

「重力シンパシー」や「1994年の雷鳴」など、SKEフェスティバル公演の楽曲はすべてAKB48を題材としたパチンコ機用に作られたものでSKEのオリジナル楽曲は一つもない。そのため公演スタート当初はメンバーの中にも「SKEファンになじみのない楽曲が果たして受け入れられるのだろうか」という不安があったという。

 だが開始から1年たった今ではSKE劇場で行われている4つの公演の中でも1、2を争う人気公演となった。その理由の一つがチームEの“全力感”だといわれている。「チームEにはリーダーの須田と(SKEキャプテンの)斉藤真木子がいるのが大きい。この2人はとにかくリハーサルから全力でやる。そういう先輩がいれば後輩も手を抜けない」(SKE関係者)。しかも公演終了後に全メンバーで行う反省会がまたすごい。「最低でも1時間はやるんです。特定のメンバーだけが発言するのではなく、みんなが意見を言い合うのでどうしても長くなってしまう」(スタッフ関係者)。前田敦子(26)や大島優子(28)らAKBのレジェンドメンバーが歌っていた楽曲にSKEらしい熱さが注入されたことで名古屋のファンにも受け入れられ、SKEを代表する公演に成長した。

「夢がかなった瞬間をチームEのみんなと共有できて幸せ」(谷)、「このチームに昇格できてよかったです」(高畑)、「このチームで歌番組に出るのが目標です」(斉藤)。CD発売をきっかけに、チームEにさらに勢いがつきそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で開幕中!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!