• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【AKBじゃんけん大会】おぎやはぎ緊張の開会宣言 まさかの大ブーイングに


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【AKBじゃんけん大会】おぎやはぎ緊張の開会宣言 まさかの大ブーイングに


開会宣言したおぎやはぎ

 AKB48グループの恒例イベント「第8回AKB48グループじゃんけん大会」が24日、愛知・名古屋市の日本ガイシホールで開催された。

 昨年まではAKB48グループのメンバー個人がじゃんけん勝負を繰り広げてきたが、今回は新たな試みとして、メンバー同士がユニットを結成して対決することになった。

 開会宣言を務めたのは、お笑いコンビ「おぎやはぎ」(小木博明=46、矢作兼=46)。7000人のファンが見つめる中、ステージに登場した矢作は「こういうの憧れていたんです。盛り上げちゃっていいんですか? コール&レスポンス初めてで…」とドキドキ。小木も「やったことないから」と戸惑い気味だ。

 意を決した矢作が「みんな、燃えてるか~!」「気合入ってるか~!」と叫ぶと、客席からは「おお~!」という大レスポンスが起こる。これには矢作も「これ、相当気持ちいいよ」とご満悦な表情を浮かべた。

 しかし、今度は小木が「今日は、今日は…新幹線で来たのか~!」と叫ぶと、ややスベリ気味で会場のコールも小さめ。さらに、小木が開催地・名古屋の名物を持ち出しながら「ウナギは養殖がうまいか~!」と続けると、会場からはまさかの大ブーイングが起きた。

 ショックを受けた小木は「うるせえよ! お前ら」。開会宣言での逆ギレに、会場からはさらに大きなブーイングが起こる事態になった。

 意気消沈した2人。矢作は「多少(開会宣言を)失敗してしまいました。これから巻き返します」と平謝りだった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!