• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 仮面女子・川村虹花 プロレスデビュー戦は無念のギブアップ「次の夢は勝つこと」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮面女子・川村虹花 プロレスデビュー戦は無念のギブアップ「次の夢は勝つこと」


仮面女子・川村虹花

 仮面女子の川村虹花(ななか=21)が21日、「ガンバレ☆プロレス」新宿FACE大会でプロレスデビューを果たした。川村はHARUKAZE(28)と組み、さくらえみ(40=プロレスリング我闘雲舞)&里歩(20=同)組とのタッグ対決に臨んだ。

 注目新人のデビューとあって会場は大入り。川村は所属するユニット「アリス十番」メンバーとともに登場。赤いコスチュームで武器のチェーンソーを振り回しながらリングインすると、メンバーカラーの紙テープでリングが染まった。さくらえみが川村の握手を拒否すると歓声はさらに高まった。

 ゴングと同時に組み合ったのはHARUKAZEと里歩。だが、タッチしたさくらえみは、川村出てこい!と要求。「さくらコール」「ななかコール」が飛び交い、会場のボルテージは一段と高まった。川村は腕ひしぎ逆十字、ドロップキック、卍固めなど多彩な技を繰り出し、さくらをボディースラムで叩きつけるなど、テクニックとパワーを披露した。

 キック連射、コーナーポスト上段で十番ポーズからのフライングボディーアタックを決め、さくらを何度も追いつめたがフォールは奪えなかった。逆に蹴りをかわしたさくらが猛攻に転じる。川村はダブルアームバックブリーカー、逆エビには耐えたが、風車式バックブリーカーからの「シュークリーム」に無念のギブアップ。9分20秒、さくらの得意技に屈した。

 試合後、代表の大家健がリングに登場。「デビューおめでとう」と祝福したあと、「負けちまったな。悔しいだろ? でも、プロレスはまだまだ、これからだぞ。これから頑張って、いつか絶対に勝てよ!」とゲキを飛ばした。プロレスの夢を諦めた母のためにプロレス入りした川村は「今日、母の夢がかないました。そして、私は新しい夢を見つけました。プロレスで勝つことです」とアイドルとプロレスの“二刀流”続行を宣言した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!