• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「キリトルTV」読唇術に激怒・ヤンキース田中にテレ朝謝罪

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キリトルTV」読唇術に激怒・ヤンキース田中にテレ朝謝罪


田中もあきれた?(ロイター=USA TODAY Sports)

【ニューヨーク13日(日本時間14日)発】テレビ朝日が、8月5日に放送した「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV 夏の甲子園直前SP」をめぐり、ヤンキースの田中将大投手(28)にも謝罪していたことが分かった。同番組ではドジャースのダルビッシュ有投手(31)が「絶対言ってないです(笑)」とSNSで完全否定。テレビ朝日側が即、謝罪する騒動があった。実は田中も同様の“被害”に遭っており、「あれ、全然言ってないですよ」と完全否定。しかも今回はそれだけではないという。田中もあきれた舞台裏とは――。

「キリトルTV」の読唇術問題は水面下でもモメにもめていた。ダルビッシュがツイッターで完全否定した放送翌日の8月6日未明、実は田中サイドも放送内容と、映像使用の事前確認がなかったとして、テレ朝関係者に抗議していたことが分かった。

 番組はスポーツなどの名場面を読唇術を使って切り取り、当時の心境を推測するもので、視聴者の人気は高い。5日は夏の甲子園開幕に合わせ、高校時代の田中やダルビッシュだけでなく、イチローや松坂などを取り上げ、口の動きを読唇術で“解読”していた。ちなみに番組冒頭で「※読唇術は口の動き等から言葉を“推測”するものです」とテロップを入れてはいるものの、それ以降は注釈をつけていない。

 田中のパートが放送されたのは番組中盤、ダルビッシュの前だった。早実と争った2006年の甲子園決勝を中心に、マウンド上で口を開き、何かを発したシーンを多く取り上げているのだが、本紙が本人に確認し、否定したのはそこで用いられた3か所だった。

①05年、夏の甲子園決勝の京都外大西戦。マウンド上で発したとされる「うぜーよ! お前よ!!」(番組内テロップのまま)。

②06年、夏の甲子園決勝。安打を打たれたあとの「ムカつくんだよ、お前(自分)の球」。

③同じ試合内の「なんつう球だよ」。

 番組内では、こうした“分析結果”をすべて「自分を鼓舞させるため、自分自身に言っている」としているが、目立つのは言葉遣いの粗さだ。いくら「口の動き等から言葉を推測」したとはいえ、イメージを損ないかねない発言を勝手に作られたのでは、本人もたまったものではない。

 改めて映像を見て「あれ、全然言ってないですよ。だって、明らかに口の動きが違いますもん。あんなことは言ってない」とキッパリ否定した田中は、内容だけでなく無許可だった映像使用についても、こう怒りをあらわにした。

「たとえ数秒でも、ちゃんと(確認を)やるところはやっているし、連絡は来ますから。『(テレビは)そんなもん』とか、そういう問題じゃない。肖像権があるわけですから」

 関係者によれば、田中サイドが抗議をした後、テレ朝側が番組制作サイドに確認。すると、事前の内容確認と映像使用、すべての連絡を怠っていたことが判明し「弁解の余地もない」との返信が翌日にもあったという。さらにこうしたミスが田中以外にも散見されたことから、番組プロデューサーと今後の徹底を話し合ったそうだ。

 こうした経緯について、テレビ朝日広報部は本紙の取材に「田中投手サイドから映像使用などについてご指摘がありました。事前に放送内容などについて十分な説明ができていなかったことについておわびいたしました」と回答し、解決済みであるとしたが…。ダルビッシュに続き、田中も否定する事態となった、今回の“キリトルTV読唇術問題”。場合によっては、第3、第4の訴えも起きかねない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!