• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 真矢ミキ 鈴木砂羽“土下座強要騒動”で直前降板に「プロとしてはどうなんでしょう」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真矢ミキ 鈴木砂羽“土下座強要騒動”で直前降板に「プロとしてはどうなんでしょう」


女優の鈴木砂羽

 女優の真矢ミキ(53)が14日、MCを務めるTBS系「ビビット」で、女優の鈴木砂羽(44)の“土下座強要騒動”についてコメントした。

 番組では鈴木が主演、初演出を務める舞台「結婚の条件」に出演予定だった女優・鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が、13日の初日直前に降板した騒動を特集。2人とその所属事務所はブログ等で、稽古中に“土下座”を強要され“物”のように扱われたことを降板理由として訴えた。これに鈴木は反論。代役を立てて行った初日公演後に取材に応じ「(土下座強要などの)そういう事実はございませんし、人道的に彼女たちの人格や尊厳を痛めつけるような罵声を浴びせたこともございません。自分なりにコミュニケーションを取っていたつもりなのですが…」と否定した。

 土壇場の降板劇について真矢は「はっきりしたことは分からないけど、2日前の降板とかはプロフェッショナルではどうなんでしょうと思う。(事務所側は)役者さんを大切に思うのならば、後にいろいろ思いは話し合うとして、とりあえず出ましょうという判断でもいい気がする」と見解を示した。

 演出家のテリー伊藤氏(67)は「2人の役者さんね、演出家がつか(こうへい)さんや蜷川(幸雄)さんだったら辞めたのかなと思う。鈴木さんも初演出で気合が入っていて、罵声とか浴びせていたと思いますよ。鈴木さんも若いころ、それをされた経験があるから、意外と自分の中では当たり前ということできたようなとこもあると思う」と推測し、「ちょっとね、今度また3人で会って、舞台でもなんでもやるぐらいないとね」とコメントした。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!