• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 元SMAP独立3人組の新支援者に元フジ敏腕プロデューサー浮上!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元SMAP独立3人組の新支援者に元フジ敏腕プロデューサー浮上!


草なぎ、稲垣、香取との契約を終了したジャニーズ事務所

 昨年末で解散したSMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が、ジャニーズ事務所を去る8日をついに迎えた。気になる今後の3人の周囲の状況について、最新裏情報をキャッチした。当初は解散の引き金ともいわれた元チーフマネジャーのI女史が新事務所をつくるともいわれていたが、頓挫。それでも新支援者として名門一族の子息で、元フジテレビのプロデューサー男性の名前が浮上している。

 芸能プロ関係者は「独立後の3人の新たな動きとして、それぞれ個人事務所を設立するといわれています。当初はI女史が3人をまとめて、大手プロの庇護の下、全員が同じ事務所に所属し、活動すると噂されていました。でもそれはなくなり、各自が個人事務所設立で決定したようですよ」と語る。

 SMAP育ての親、I女史は、2016年1月にジャニーズ事務所を退社。その動きに伴ってSMAPの解散・独立騒動が表面化した。I女史は水面下でSMAPの大手芸能プロ移籍を画策したが、土壇場で木村拓哉(44)が事務所残留を決意し、いったんは5人全員が「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で謝罪し、解散は回避された。だが、メンバー間の溝は埋まらず、8月14日に、同年の大みそかで「SMAPは解散する」と発表されたのは周知の通り。

 最近になって中居正広(45)も残留することが明らかになり、他の3人が契約を更新せず今月8日をもってジャニーズを去ることは本紙でも既報した。3人のファンは今後の活動を心配しているが、カギを握るのはやはりI女史。最近の状況はというと――。

「I女史は、昨年秋ごろ中国の電気量販店グループの支援を取り付けて会社を設立。同グループと中国の大手不動産会社が買収した千葉のシアターに、中国圏の観光客を誘致するビジネスを展開しようとしたが、残念ながらうまくいかなかった。結局、同グループとのビジネス関係は何ひとつ成功せず、現在両者の関係は完全に冷え切ってしまっている。このまま“破談”となりそうです」(広告代理店関係者)

 一方でI女史は、水面下で3人のために事務所づくりを進めていた。ジャニーズを辞めたとき「今後、芸能界とは関わらない」と言ってしまった手前、表舞台には出られないからだ。

「香取と頻繁に連絡を取っているI女史は、3人が今年9月にジャニーズを辞めることは昨年夏には分かっていた。だから芸能界の重鎮に会い『3人のための事務所づくりに力を貸してください!』と頼んだんですが、断られたそうです」(芸能関係者)

 I女史が次に頼ったのが、大手音楽出版会社の元幹部だった。

「この人物は、芸能界とのしがらみがなく、それでいて芸能界の大物と太いパイプを持っている。3人の事務所の社長としては適任と判断し、今年の春ごろ新事務所の社長を依頼したんです。ところが最近、『引き受けられない』と断られた」(制作会社関係者)

 こうした経緯を経て最近、I女史の周囲にもう一人の気になる人物が浮上したという。

「日本の戦後を築き上げたとされる超名門一族の子息がI女史のバックについたと噂されている。その人物は、この夏にフジテレビを退社した敏腕プロデューサーです。I女史とはSMAPの仕事を一緒にやった仲で、稲垣、草なぎ、香取の才能、見せ方を熟知している。I女史は彼の支援を取り付けたことで今や、ヤル気満々になっているそうですよ」(広告代理店幹部)

 独立する3人はさしあたり、個人事務所設立だけになりそうだが、I女史の水面下の働きで、今後、まったく違った展開を見せることになりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!