• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > NMB卒業・須藤凜々花 結婚時期とタレント活動の今後

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NMB卒業・須藤凜々花 結婚時期とタレント活動の今後


卒業公演を行った須藤

 6月に行われた「第9回AKB48選抜総選挙」で異例の結婚宣言をして話題になった「NMB48」の須藤凜々花(20)が30日、大阪市のNMB48劇場で卒業公演を行い、アイドル活動を終えた。公演では結婚について言及せずじまい。卒業後はタレント活動を継続する意向だが、内容について具体的に明かすことはなかった。48グループの“爆弾娘”はいったいどんな道を進むのか――。

 須藤は冒頭で「今日は知ってる人ばっかりなので、全部が関係者席だと思って踊りたいと思います」と宣言。自分で「アイドルだな」と思う瞬間について「握手会ですごい下ネタを話してたら、スタッフさんに止められました」と話すと、林萌々香(18)から「今日はちょっと爆弾発言には気をつけてください」と注意される一幕も。そして最後には、自身のソロ楽曲「ショートカットの夏」を熱唱した。

 あいさつに立った須藤は「私はNMBに入って、こんなにいい人たちがいっぱいいると知って幸せでした。そして、NMB48でアイドルを終われてすごく良かった」と感謝。続けて「皆さんに出会えて本当にうれしい。近い存在と思っていまして、全然実感が湧かないのですが、これからは友達になってください」と話すと、ファンから「なるで!」と返ってきた。これに、キャプテン・山本彩(24)が「一気に250人くらい友達ができました」と応じて笑いを誘った。

「私はすてきな環境があって自由でいられた。ここで学んだことを忘れずに、すてきな大人になりたいと思います」とあいさつを終えた須藤。舞台上に最後まで残り「皆さん、本当にありがとうございます。本当に本当に大好きです」と何度もファンに訴えた。

 本紙で既報した通り須藤は卒業後、NMB48も所属している事務所で引き続きタレントとして活動する予定。須藤自身もラジオなどで、芸能活動を続ける意向を明かしている。

「今後について、卒業公演では『これからも姿を見せながら夢を追いかけられるように頑張ります』と話すにとどめた。一部では、哲学者になるために『ドイツで博士号を取ってきます』と宣言したことが報じられたが、これは今すぐということではなく、須藤にとって究極の目標といった話。現実的には哲学を学ぶために大学進学を目指しながら、並行してタレント活動を行うことになるでしょう」(事情を知る関係者)

 前代未聞の結婚宣言で世間から大きな注目を集めた須藤には、まだまだ話題性がありタレントとしての魅力は十分ある。すでにいくつかのバラエティー番組などが出演オファーを出すことを検討しているという。

 気になるのは「いつ結婚するのか」という点。

「現時点では結婚に関して具体的に話が進んでおらず、少なくとも年内の結婚はないでしょう。須藤本人も『いつでもいい』というスタンスで、相手の男性もタレント活動継続を望んでいる。『だったらなぜ総選挙で結婚宣言したのか』と疑問が残るが、これはある週刊誌が須藤の熱愛を取材していたことが大きい。週刊誌に変な形で出るなら、グループからの卒業を覚悟して総選挙で言ってしまおうと判断した。交際相手にも真剣さを伝えたいという須藤なりの考えだったのでしょうね」(同)

 しばらくは「婚約者がいる元アイドル」として、バラエティー番組などに出演していくことになりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!