• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ダイナマイト・トミー氏プロデュース 正統派アイドル「トゥラブ」躍進の秘密

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイナマイト・トミー氏プロデュース 正統派アイドル「トゥラブ」躍進の秘密


正統派美女の藤野志穂(右)と山広美保子。中央はプロデューサーのダイナマイト・トミー氏

 人気バンド「DIR EN GREY」など、数々のビジュアル系ロックバンドを育てたダイナマイト・トミー氏(52)が、アイドルグループをプロデュースして話題を呼んでいる。正統派美少女5人が揃い、人気急上昇中の「2o Love to Sweet Bullet」(読み=トゥー・ラブ・トゥー・スイート・バレット=略してトゥラブ)だ。人気の秘密とは――。

 先日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社に来社したのはリーダーの藤野志穂(18)、山広美保子(20)、生みの親・トミー氏だ。

 トゥラブは2015年8月にデビュー。8人グループだったが、メンバーの卒業を経て、現在は藤野、山広のほか、三田佳凛(17)、新城真衣(16)、伏見莉穂(16)の5人で活動している。

 当初は3人しか客が入らなかったこともあったというが、同年11月にリリースした3枚目のシングル「BABY KISS」がバラエティー番組「ヨソで言わんとい亭」(テレビ東京系)のエンディングテーマに抜てきされた。今年5月に発売した7枚目のシングル「そこで叫んで私に教えてほしい」はオリコンデイリー1位、ウイークリーでも12位と大健闘した。売り上げ1万2000枚は上出来だ。

 さらに8月に行われた日本最大規模のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL」の中の企画「ナツ☆イチ!オーディション2017」では藤野がクイーンに輝いたのだ。

「うれしかった。その場で10回ジャンプしました」と藤野。

 一方、山広も週刊ヤングジャンプの「サキドルエースsurvival SEASON2017」の10人にエントリー中。「1位になれば表紙を飾れる。トゥラブを知ってもらえる」と意気込む。

 デビューからわずか2年でこの急成長。「その秘密はリアルさにある」とトミー氏は語る。

「ロックバンドもそうですが、アーティストはステージでウソがあってはいけない。歌詞を間違えてもいい。ただ、それを変につくろわないこと。だからこそファンにも思いが伝わる。世の中、演技する人ばっかりじゃないですか。それではいいものは生まれないし、本当の意味でファンはついてこないんですよね」

 愛くるしいアイドルが、裏で罵詈雑言を吐いていることが発覚し、炎上することも少なくない。

「以前、ライブでまだ1曲残っていたのに、締めの言葉を言って、終わらせたことがあったんですよ。泣いてしまいました」(藤野)

 こんなエピソードもトミー氏は「だからこそウソがないんじゃん」と責めることはない。また山広が「メンバーにはそれぞれ与えられたキャッチコピーがあるんですが、私の場合『超絶美少女』なんです…。これを自分で言うの、恥ずかしくて」と訴えても、トミー氏は「ハードルが高いことを言ったときに、素の表情が出る」と狙いを明かした。

 もちろん恋愛禁止などの、いわゆる“アイドルルール”もある。「発覚したら、東スポさんに持っていくからな!」というトミー氏の警告に、2人は苦笑していたが、それも含めてのリアルということだろう。

 26日には東京・渋谷でワンマンライブも決定。トゥラブは、これからも独自のドキュメンタリー性で活動していく。

☆ふじの・しほ=1999年3月16日生まれ。神奈川県出身。愛称「ふじのん」。器械体操が得意。キャッチコピーは「永遠のアイドル」。

☆やまひろ・みほこ=1997年8月19日生まれ。神奈川県出身。愛称「みほみほ」。プロ野球「横浜DeNAベイスターズ」ファン。キャッチコピーは「超絶美少女」。

☆ダイナマイト・トミー=1964年9月14日生まれ。兵庫県出身。85年ビジュアル系バンド「COLOR」を結成。過激なステージングでカリスマ的人気を誇る。実業家に転身後、さまざまなバンドをプロデュース。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!