• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > チーム8横山結衣の高難度の振り付けに横山由依、峯岸みなみら悲鳴

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チーム8横山結衣の高難度の振り付けに横山由依、峯岸みなみら悲鳴


屈指のダンス力を誇る横山結衣(中)

 作曲家の井上ヨシマサ(51)が選曲し、メンバーを人選した「井上ヨシマサ『神曲縛り』」公演が20日、東京・秋葉原のAKB48劇場でスタートし、公演前にゲネプロが公開された。

「Everyday、カチューシャ」「希望的リフレイン」「UZA」など、数多くのAKBシングル曲を作曲してきた井上氏が、ダンス力&歌唱力を重視して出演メンバーを決定。岡田奈々(19)、小嶋真子(20)らAKBメンバー以外に、SKEの古畑奈和(20)、HKTの神志那結衣(19)ら姉妹グループメンバーが抜てきされた。

 屈指のダンス力を誇るAKBチーム8の横山結衣(16)は、センターポジションで、10曲目「カモネギックス」から13曲目「Escape」まで圧巻のダンスパフォーマンスを披露。12曲目「UZA」では新たに同公演用の振り付けも担当した。

 猛練習したという総監督の横山由依(24)は「すごく難しかった…。レッスンで落ち込んだ」と話すと、AKBの田野優花(20)は「アイドルが発言することじゃないけど、レッスン後にトイレで吐いた…。AKBに入って初めて」と告白。AKBチーム8の小田えりな(20)は「本当にダンスが難しくて、無事に初日を迎えられてよかった」と胸をなでおろした。

 当の横山結は「井上ヨシマサさんに『振りを付けてください』と言われて、一から作り直しました。みんなで練習して(パフォーマンスを)見せられることがうれしいです」と笑顔を見せた。

 ゲネプロ後の囲み取材で、改めて高難度の振り付けについて聞かれた横山結は「みんなで踊る達成感がうれしくて、本番が楽しみです」とニッコリ。ただ、大先輩の峯岸からは「こんなに難しいの! 責任持って考えて」と冗談交じりに言われたようで、横山結は「ちょっと怖かった」と明かし、周囲を笑わせた。

 そんな峯岸も「リハから『お前、やるな』と高め合えて、志も高いところにある。このチームはいけるなと思いました。ショーとして楽しんでもらえる」と手応えを語った。

「制服が邪魔をする」など2007年からAKBの楽曲を手がけてきた井上氏は「ようやく10年目にして、秋元康からプロデューサーの座を奪えるかな、と。その一歩が切れたと思います」と公演の出来栄えの良さに大胆発言も飛び出した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!