• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 東山紀之の「司会番組」で物議 ジャニーズに飛び火も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東山紀之の「司会番組」で物議 ジャニーズに飛び火も


テレビ朝日の社屋

 ジャニーズの少年隊・東山紀之(50)がキャスターに初挑戦する10月スタートの新番組「サンデーLIVE(仮)」(テレビ朝日系)が、物議を醸している。この番組の影響で「仮面ライダーシリーズ」や戦隊モノの放送時間が遅くなるとあって、ファンの怒りを買っているのだ。東山の新番組開始は、元SMAPのメンバー3人が9月にジャニーズ事務所を退所することが影響しているとみられ、ジャニーズは昨年のSMAP解散騒動時以上の批判を浴びかねない状況だという。

 新番組は、日曜日の午前5時50分から8時30分まで放送されることが決まっている。これに伴い、長年にわたって7時30分から8時まで放送されてきた「スーパー戦隊シリーズ」が9時30分スタートに、8時から8時30分まで放送の「仮面ライダーシリーズ」は9時スタートに変更されることになった。

 だが、両番組の放送時間が変更されることには疑問の声が多い。

「戦隊モノの視聴者は、もちろん小学生の男の子が多いが、子供が見ることによって親御さんも一緒に見るケースが目立つ。特に“イケメン好き”のお母さんが多いから、仮面ライダーでは主役を務めることが最近、イケメン若手俳優の登竜門になっていた。お父さんも子供と一緒にイベントに行ったりするので、意外とファンが多い」(芸能プロ関係者)

 ところが今回、東山の新番組が始まるため、戦隊モノに関しては放送時間が2時間も後になってしまった。

「最近の小学生って、日曜は意外とスポーツや習い事で結構忙しいんですよ。もちろん家族揃って出かけることもあるしね。これまでは、出かけるまでの準備をしながら戦隊モノを楽しんでいたのに、放送が2時間も遅くなったら見られなくなってしまう。それでファンからブーイングが上がっているんです」(同)

 放送が後ろ倒しでも録画視聴できるが、忙しい人は“録りだめ”になってしまう可能性も。日曜午前の番組視聴を習慣化している人もいるだろう。そうした問題含みの新番組のスタートは、ジャニーズ批判にもつながりかねないともいう。

「サンデーLIVE」が始まるのは、元SMAPの香取慎吾(40)がメーンMCを務める「SmaSTATION!!(スマステ)」(土曜午後11時5分)が9月で終了するため、とみられる。

 周知のとおり、香取は草なぎ剛(43)、稲垣吾郎(43)とともに9月8日をもってジャニーズを退所することが決まっている。テレビ朝日から正式発表されてはいないものの、退所を受けてスマステが打ち切りになるのは明らかだ。

「所属タレントの番組が終わる際に、別の枠を要求するのは芸能プロの常とう手段。特にジャニーズはいつもそう(笑い)。スマステは深夜帯だからといって、引き換えにゴールデン枠を差し出すわけにはいかない。でも、さすがに東山に深夜はやらせられないから朝になったのでしょう。ただ、あまりに放送時間を短くして、早朝だけの放送だと東山の顔を潰すことになりかねないから、8時30分までの2時間40分の大型番組になったようだ」(テレビ局関係者)

 とはいえ、これはジャニーズの内部事情だ。それで戦隊モノの放送が2時間も後回しにされてしまっては、ファンが納得できるわけがない。ジャニーズは昨年、SMAP解散騒動で“ブラック企業”と猛批判を浴びた。

「今回の枠移動は、キムタク(木村拓哉)以外の独立を画策した元SMAPメンバー4人とジャニーズがモメたことが原因。結果的に戦隊モノのファンからは『関係ない騒動に、仮面ライダーや戦隊モノを巻き込むな!』と、怒りの声が渦巻いている」(同)

 当然、昨年、ジャニーズ批判の中心になって糾弾したSMAPファンも怒っているという。

「香取がMCを務める枠を若手が引き継ぐならともかく、こともあろうに『次期社長』といわれる幹部候補・東山の新番組に充てた。『香取を退所に追い込んだのはジャニーズなのに、どういうことだ!?』って話ですよ」(同)

 ジャニーズは香取ら3人を退所に追い込んだことでSMAPファンの怒りを買ったばかりか、仮面ライダーや戦隊ファンのママやパパたちまで怒らせる状況を招いてしまった格好だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!