• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > エクストリーム出社の最新型!?「絶叫する60度」朝7時にライブ開催


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エクストリーム出社の最新型!?「絶叫する60度」朝7時にライブ開催


「絶叫する60度」の魁(左)ともんてろ

 これが“朝活”の最新型!? 2人組ガールズロックユニット「絶叫する60度」が5日、東京・新宿の新宿LOFTでインストゥルメンタルバンド「I love you Orchestra」とのコラボアルバム「剥(HUG)」の発売記念ライブを行った。

「絶叫する60度」は魁(かい)ともんてろの2人組。平日の午前6時半開場、7時開演にもかかわらず100人以上のファンが集まった。2人が「おはようございまーす!」と叫ぶと会場は一気にヒートアップ。8時までの1時間、MCなしで全15曲を熱い演奏で駆け抜けた。アンコールが終わると、魁は「行ってらっしゃい。仕事サボるなよ!」と観客を送り出した。

「絶叫する60度」と「I love――」は、それぞれ「朝練」「朝コア」と称して早朝ライブを行っていたことから今回、このライブが実現。「朝練」のイメージのせいか、なぜか草野球のユニホーム姿のファンも見られた。

 もんてろは「早朝だから体が起きてなくて、(歌うのが)大変なんですけど、ライブが始まったらスイッチが入った。朝から楽しかった!」と充実した表情。「I love――」のベーシスト・白水悠は「奇抜なことをやるのは大好物。早朝ライブはエクストリーム出社のようなニュアンスです。ここぞというタイミングでまたやりたいですね」と語った。

 同日発売となったコラボアルバムでは「絶叫する60度」の2人が作詞を担当。もんてろは「『8522の夢』という曲は、ライブで日本全国を16万キロも一緒に回っている車の気持ちを書きました」と解説した。

 ライブを観賞した40代の男性ファンは「早起きは大変だけど、好きな音楽を大音量で聞いて、いい汗をかいて出勤するのは心地いい。ライブハウスにパンとソフトドリンクのモーニングセットが用意されているのもありがたいね」と笑顔で新宿駅に消えていった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!