• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 結婚宣言・須藤凜々花「人妻アイドル」「グループ残留」の衝撃シナリオ浮上

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚宣言・須藤凜々花「人妻アイドル」「グループ残留」の衝撃シナリオ浮上


総選挙のスピーチで結婚宣言した須藤凜々花(中)

「第9回AKB48選抜総選挙」で前代未聞の「結婚宣言」をして、世間を騒然とさせたNMB48須藤凜々花(20)の去就が揺れている。一部で「事実上の解雇が濃厚」とも報じられたが、ここにきて“人妻アイドル”として芸能活動の続行、さらにはグループ残留というまさかの展開が浮上しているという。

 沖縄県内の公民館で無観客状態で行われた総選挙で、20位にランクインした須藤。壇上で「初めて人を好きになりました…。NMB48須藤凜々花は結婚します! あの、あの、すごくふざけてるように聞こえるかもしれないですが、私はいつでも本気です。これから私が結婚する気持ちも本気です」と衝撃告白したことは本紙も報じている。実際、週刊文春が須藤の熱愛を取材していたことも明らかになり、衝撃は増幅された。

「あの場で結婚発言をすることはメンバーの誰も知らなかった。卒業した大島優子、高橋みなみらも批判してますが、それ以上に現役メンバーの怒りが相当です。『絶対に許さない!』と露骨に嫌悪感を示している人も。第1回総選挙からすべて“神7”入りし、恋愛禁止を愚直に守り続けてきた、AKB48の渡辺麻友の卒業発表を潰された格好になってしまったことも、波紋を広げている要因です」(出版関係者)

 当の須藤は近日中にも予定される釈明会見で、進退を含め自らの口から説明するという。

 恋愛はご法度とされるAKB48グループだけに、一部で「事実上の解雇が濃厚」とも報じられた。須藤のツイッターには結婚自体は祝福する声も多く寄せられているが、ファンが投票する総選挙の場で結婚を発表したことは批判的な意見が圧倒的だ。

 すでに生写真、直筆サインなどの須藤グッズがフリマアプリ「メルカリ」などに大量出品される状況でファンも卒業を覚悟しているが、一方で“人妻アイドル”が誕生する可能性も高いという。

「須藤は総選挙が終わっても『結婚する』と言い続けているし、結婚することは間違いない。会見では当然ながら、アイドルを続けるか否かの質問も出るでしょうが、本人はアイドルとして芸能活動を続ける意思がある。今のところ解雇という話もないですし、人妻アイドルが誕生する可能性は高いのでは?」(同)

 ただ問題は、その決断をメンバーやファンが許容できるかだろう。過去には熱愛で処分されたメンバーも存在するだけに、堂々と結婚したメンバーが活動することができるのか…。

「ファンも他のメンバーも、心情的に須藤を受け入れることは難しい面はあるでしょう。普通に考えるならグループからは卒業し、AKBとは関係なく人妻アイドルとして活動していくことが自然。ただもともと300人を超える(AKB)48グループで一番の爆弾娘と言われ、ツイッターで『私は処女です!』と明かすなど、爆弾発言を連発していた。鉄のハートを持っていますから、在籍しながら活動する道もあると思います」(芸能関係者)

 昔からAKB48グループに限らず多くのアイドルが、常に“恋愛禁止”という暗黙のルールに縛られてきた。

「年ごろの女の子ですから恋をしてしまうこともあるでしょうし、それが人間のさがともいえる。結婚した後に須藤がどのようなアイドルとして成長していくのか。須藤は今後、“アイドルは恋愛禁止”という既成概念を変えるかもしれない」(同)

 前代未聞の結婚宣言で驚かせた須藤の口から、今度は会見でどんな“爆弾発言”が飛び出すのだろうか――。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!