• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 指原莉乃 結婚発表の須藤に複雑な思い「ステージ上ではアイドルでいてほしかった」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指原莉乃 結婚発表の須藤に複雑な思い「ステージ上ではアイドルでいてほしかった」


3連覇達成の喜びを語った指原

 AKB48の49枚目シングルを歌う選抜メンバーを決める「第9回AKB48選抜総選挙」で前人未到の3連覇を達成したHKT48・指原莉乃(24)が一夜明けた18日、沖縄県内のフォトブック「水着サプライズ」(8月2日発売)の撮影現場で取材に応じた。

 総選挙後は、今回は出馬を辞退したAKB48・柏木由紀(25)と焼き肉を食べたといい「3時半にホテルに帰って4時くらいに寝たかな。ゆきりん(柏木)が『バランスの取れたいいスピーチだった』とすごく褒めてくれた」と笑顔を見せた。

 史上最多となる24万6376票を獲得して1位に輝いたことについては「1位になる自信はあったけど、去年の獲得票数を超えられる自信は本当になかった。本当に私のファンって…言い方おかしいですけど、頭がおかしいというか」と冗談を飛ばすと、続けて「(2位と)10万票差はすごいですよね…。圧倒的にファンの力が違う。1位になる時が分かる。ファンの圧が伝わってくるというか…絶対、1位にしてやるみたいな」と振り返った。

 当初、昼のコンサートと夜の開票イベントが豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチで予定されていたが、天候不良でコンサートは中止、開票イベントは屋内に会場を移して無観客で行った。

 すでに今回のイベントついては苦言を呈しており「毎回サプライズみたいに(会場を)知るので、無責任に聞こえるかもしれないけど、正直、止める方法がなかった。でも来年、私は出ないので、先に聞いて『野外はやめた方がいいですよ』とかファン目線で言うことは言いたいと思う。次の総選挙も盛り上がるように私のできることは頑張りたい」と話した。

 自身がセンターを務める49枚目シングルの楽曲について聞かれると「最近、AKBはトリッキーな感じというか、攻撃的な曲が続いているので、久しぶりにアイドルソングを歌いたいけど、私が真ん中でそれっていうのは…。麻友ちゃんの卒業でアイドルソングをやりたいので、私は何でもいいや」と素っ気ない。

 ただ、秋元康総合プロデューサー(59)にはちゃっかりLINEで「神曲、お願いします!」と送ったそうで「返信で人が倒れてるスタンプが来ました(笑い)。いろんな曲を作ってるから、いっぱいいっぱいかもしれないけど、頑張ってほしいです」とお願いした。

 20位に入ったNMB48・須藤凜々花(20)が壇上で突然、結婚発表を行い、波紋が広がっている。

「『AKB48グループ自体どうなってるんだ』と批判の声も多いが…」と問われると「個人的なことを言うと、ファンの方がかわいそうとは思う。先輩方(OGら)が怒ってるのは事実。私は自分がこういうキャラで、スキャンダルがあったから怒れる立場では全くないけど、先輩たちが作ったステージということは考えてほしかったとは思います」と複雑な心境を告白。「私もいろんな下品な発言はしているけども、ステージ上ではアイドルでいたい。やっぱりステージ上ではアイドルでいてほしかったな」と続けた。

 近日中に須藤は会見を開くが「どういう経緯で言ったのかも、どういう気持ちで言ったのかも今は分からない。深い事情があるのかもしれないですし。会見を待って、私もコメントをしたいなと思います」と冷静に話し、報道陣に「会見であんまりいじめないでくださいね」と頭を下げた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!