• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 宮本亜門氏 引きこもり生活からの転機は「母の死」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮本亜門氏 引きこもり生活からの転機は「母の死」


左から大竹しのぶ、宮本亜門氏、市村正親

 演出家の宮本亜門氏(59)が15日、東京・銀座で演出家生活30周年記念パーティーを開き、俳優・市村正親(68)、女優・大竹しのぶ(59)が駆けつけた。

 宮本氏は「これでも駆け出しのころはジャニーズ系の演出家と言われていた」と笑わせると「僕は劇団を持っていないし、やっていけるかなと思ってやってきた。30年じゃなくてまだ3年くらいの感覚。まだ演出家として浅い。やっと深さが分かってきたところ。やりたいことがたくさんある。まだ足りない。これから30年、90歳過ぎてもエネルギッシュにやっていたい」とまくしたてた。

 21歳の時に最愛の母が他界。これが転機になった。「僕は引きこもりで、レコードを聴いている時に演出家になりたいと思った。20代はアルバイトしてお金をためてはブロードウェーに行っていた」という。

 不断の努力が実り、2004年には「太平洋序曲」をオンブロードウエーで上演。翌年、演劇の最高峰「トニー賞」に4部門ノミネートされたが、惜しくも受賞を逃した。

 宮本氏は「ノミネートだけじゃ満足できない。悔しくて悔しくて。やっぱり受賞しなきゃ意味がない。演出家は本当に面白い仕事。これからも人間の素晴らしさを伝え続ける」と執念を見せた。

 市村はこの日、23日から香港公演に臨む「NINAGAWAマクベス」の稽古最終日だったが「稽古を休んで来ただけ。別に俺たちのことはいいんだよ。俺も才能があると言われているんだけど、彼はそれ以上に才能が開花しているから、これからもよろしくお願いします」と粋なコメントで宮本氏を持ち上げた。

 その市村は劇団四季の看板役者として活躍し、ダンサーだった宮本氏の憧れの人でもあった。宮本氏は「実は踊りたくて、市村さんの劇団のオーディションを受けたことがある。『コーラスライン』の稽古を1か月一緒にした。28歳のころだったかな。劇団に入らないかというお誘いがあったが、結局入らなかった」と語り、市村と息の合った踊りを披露した。

 だがその後、見事に演出家として開花。市村は「市村がいるから断ったのかな。でも、断ってよかった」と宮本氏の成功を我がことのように喜んだ。

 また、大竹は「今日はレコーディングの日だったけど、、スタジオの予定をすごくずらした」といたずらっぽく宮本氏をチラリ。宮本は2人の名優に感謝しきりだった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!