• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 山あいに出現した謎の「カラオケ鳥居」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山あいに出現した謎の「カラオケ鳥居」


「カラオケ鳥居」と呼ばれるオブジェ

 徳島県神山町の山あいにスピーカー300台を使った鳥居のオブジェがこつぜんと出現し、話題となっている。近距離無線通信規格ブルートゥースがついているので、iPhoneなどを接続し、音楽を鳴らすことができる。

 鳥居の近くには拝殿や本殿などはない。単独で鳥居が立っているだけ。その光景は異様だが、圧巻だ。このオブジェは高さ4メートル、幅4・8メートル。「Karaoke Torii(カラオケ鳥居)」や「歌う鳥居」などと呼ばれている。

 鳥居を製作したのは、米国出身でドイツ在住のベノワ・マーブリー氏(64)。マーブリー氏は世界各地でスピーカーによるアート作品を発表しているアーティスト。この作品は使われなくなったスピーカーを集めて設置した“鳥居形アート作品”だという。神山町在住のエンジニアらが協力し、1月に設置した。

 徳島市に住むある男性は「噂を聞きつけて来てみたのですが、本当に音が鳴るんですね。映画『マッドマックス』のトレーラーみたいで、すごくカッコイイです。本当に神社があるのかと思って来てみたのですが、ここにあるのは鳥居だけ。それもまたSF的でおもしろいです」と語る。

 吉野川市在住の男性も「この鳥居は革新的ですね。iPadをつないで曲を聴けるだけではなく、マイクをつなげばカラオケもできるんですね。驚きました。使われているのは、D―77FXやPS―F33など、オンキヨー製の古いスピーカーなんですね」と驚く。

 鳥居に設置されたスピーカーは約4割が通電している。日中のみ電源が入っており、しばらくの間、午前10時から午後4時まで、誰でも音を出せるようになっている。場所は、元縫製工場を改修したコワーキングスペース(共同の仕事場)の「神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス」の駐車場の下。展示は“壊れるまでの常設展”だという。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!