• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > またも…国民的アイドル元メンバーが「MUTEKI」デビュー

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またも…国民的アイドル元メンバーが「MUTEKI」デビュー


MUTEKIレーベルからデビューする松田美子

 アダルトで、てっぺんとったんで! 国民的アイドルグループの元研究生が、「松田美子」(まつだ・みこ=21)と改名して、衝撃のAVデビューをすることが本紙の取材で分かった。大阪市・難波を拠点にしたグループを卒業したが、一大決心してAVに挑戦。本紙はAVデビュー作のパッケージ写真を極秘入手、プロデューサーとの接触にも成功した――。

「ン~…ア、アカン…」

 なにわの元アイドルは初めて挑んだ撮影で、思わずこうアエギ声を漏らしたという。

 松田は大阪出身。歌手の松田聖子(55)らに憧れ、芸能界を志した。

 難波を拠点にした国民的アイドルグループの一員だったが、全く日の目を見ないままわずか1年足らずで卒業。「高校との両立に悩み、学業を優先しようとグループを脱退した。ただ、またグループに戻る意向を持っていたようだ」(アイドル誌関係者)

 グループを卒業してタレント活動を開始したが、その後に選んだ道はアイドルではなくアダルトだった。

 初脱ぎの撮影現場はどうだったのか――。事情通の証言。

「T158・B82・W58・H83のスレンダーボディーを惜しげもなく披露している。性格的にはMで、デビュー作にしていきなり潮まで吹いたらしい」

 普段は愛くるしいルックスだが、撮影では恥じらいながらも恍惚の表情を浮かべ、エクスタシーに達していたという。

 デビュー作のタイトルは「NUMBER 01」。「NUMBER」は「難波」に引っかけ、「01」は松田が所属していたアイドルグループのキャッチフレーズ「てっぺんとったんで」(大阪弁の「頂点を取る」)を意味すると思われる。芸能人専門レーベル・MUTEKIから7月1日にリリース予定。

 本紙が極秘入手したパッケージ写真からは、濃紺のブレザー制服とチェックのミニスカ姿から、白くておいしそうな太ももをのぞかせている。「ホンマのアイドル、好きになってもかまへんで」のキャッチコピーでファンを誘う。

 また、同作のプロデューサーとの接触に成功。「ベットリと濡れてエロいセックスを展開した。静まり返ったスタジオ内に『アカン…』と漏れる吐息とアエギ声にスタッフ全員、フル勃起だった」と撮影時の様子を証言した。

 アダルト業界としても救世主の誕生だ。去年、華々しくAVデビューしたANRIこと坂口杏里(26)が先月、交際していたホストに対する恐喝未遂容疑で逮捕され、世間に衝撃を与えたばかり。釈放後は音沙汰がなく、今後のリリースは不透明になり、AV界が揺れに揺れていたが、なにわの元アイドルが電撃参入してきた格好だ。

「アイドルのAV転身は、すでに引退したやまぐちりこ(26)や、頂点に上り詰めた三上悠亜(23)らが知られ、いずれも爆発的なヒットを飛ばした。同じ系譜の松田も注目されている」(前出事情通)

 アイドル時代はスポットライトを浴びないままステージから降りた。当時、果てしなく遠かった“てっぺん”を、アダルトの世界で目指すことになる。

 

☆まつだ・みこ=1995年10月28日生まれ、大阪出身。国民的アイドルグループの一員としてデビュー後、1年弱でグループを卒業。タレント活動を始める。今年7月にリリース予定のデビュー作でAV女優に転身。発売中の「週刊ポスト」で初ヌードを披露している。T158・B82・W58・H83。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜きが金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!