• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 仲間由紀恵が「5代目相棒」固辞 完全NG突き付けた理由

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仲間由紀恵が「5代目相棒」固辞 完全NG突き付けた理由


仲間由紀恵

 テレビ朝日の看板ドラマで、その人気からテレビドラマ界をけん引してきた水谷豊(64)主演の「相棒」が、本命視されていた“相棒”候補に完全NGを突き付けられている。3月で終わった「相棒season15」は全話平均視聴率が15・2%とまずまずの数字だった。ただ、水谷の相棒役が反町隆史(43)に代わった「season14」の全話平均15・3%から微減した上、そもそもの期待値が大きかったことなどから、テレ朝内では及第点以下だという。

 制作関係者は「マンネリ感が否めず数字は伸び悩んだ。常々“相棒”役に噂されている仲間(由紀恵=37)を広報課長としてサプライズ出演させましたが、効果はいまひとつ。今年の秋に始まる『season16』からスケジュール調整をして仲間を相棒役に昇格させる案もありましたが、ここにきて仲間サイドは“相棒の仲間”と言われるのがイヤだと固辞。下手をすると次回作は出演を見送る可能性もあります」と明かす。

 注目ドラマゆえに毎回視聴率の数字で騒がれ、最近は過去に出演していた高樹沙耶(53)が大麻取締法違反で有罪(執行猶予)となり、成宮寛貴氏(34)はコカイン疑惑の騒動で芸能界を引退するなど、出演者による不祥事が続き「相棒」ブランドは凋落している。

「昨年末から仲間サイドは『相棒』出演者としてのメディア露出を控えています。雑誌などのインタビューでも相棒のくだりは『大きく扱わないでください』とチェックが入るほどです」(芸能関係者)

 現在の仲間は月9ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)に声のみの出演と、仕事そのものもセーブしているといわれる。「Season15」では“2代目相棒”の及川光博(47)や、卒業した名物鑑識の六角精児(54)を投入するも、結果はいまひとつだった「相棒」。仲間に見切りをつけられると、さらに厳しい展開になりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!