• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 松本伊代 線路立ち入りで引退覚悟「東京の仕事なくなった」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松本伊代 線路立ち入りで引退覚悟「東京の仕事なくなった」


松本伊代(左)と早見優

 タレントの松本伊代(51)と早見優(50)が19日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、涙を浮かべながら「線路無断立ち入り」騒動を振り返った。

 2人は「ダウンタウン」の浜田雅功(53)、松本人志(53)と坂上忍(49)とお酒を飲みながら本音で語り合う人気コーナー「本音でハシゴ酒」に登場。騒動を切り出され、2人は「びっくりしました。こんなに大騒ぎになるとは思っていなかった」と語った。

 伊代は「大阪と名古屋の仕事はしていますけど、東京のスタジオでの仕事はないです。ほとんど家にいるので、宅配便の人にも『本当に家にいるんですね』といわれます」と騒動の影響を引きずっていると告白。「お仕事もキャンセルになって、このまま全部仕事がなくなったら、もう(引退する)覚悟で」と引退を考えたことを明かした。

 伊代が自身のブログに騒動の発端となる写真を掲載したことから「私が主犯」と口にすると、早見は「写真を撮ろうって言いだしたのは私」とフォロー。さらに「事故もなく、被害者の方もいないですけど、私たちのせいで京都に行った番組はオンエアされなかった。スタッフの方がいろいろ考えて、私たちが楽しめる番組を作ってくださったので、オンエアされなかったのは凄く悪かったなと思っています」と反省を口にした。

 松本は落ち込む2人に「今は世間の風潮から、何かあるとバーッと来ちゃう。とんでもないことになっちゃうけど、それは一瞬。本気で怒っているわけではないから、そんなに落ち込まないでほしい」と声をかけた。

 2人は1月13日、京都市内でテレビの収録を行っていた際、空き時間にJR山陰線の線路内に立ち入ると、翌14日に松本がツーショット写真をブログで公開。ネットを中心に騒動となり、警察の取り調べを受けた。2月に書類送検されが、不起訴処分となった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!