• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 新人グラドル・菊池梨沙 事務所が思わずストップかける奔放コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新人グラドル・菊池梨沙 事務所が思わずストップかける奔放コメント


ファーストDVD「Catch me」の発売記念イベントを行った菊池梨沙

 新人グラビアアイドル・菊池梨沙(21)が6日、都内でファーストDVD「Catch me」発売記念イベントを行った。

 撮影は2月にバリで行われ、年下の男子を誘惑する家庭教師という役柄に挑戦。「お尻(の肉)が軟らかいんです。下の水着が食い込んで、動いてるとすぐにはさまっちゃう」とどんな水着もTバックにしてしまう体の秘密を明かした。

 日大芸術学部の文芸学科で学ぶ現役女子大生の菊池。小説を書いているためか感性が独特で、自由奔放に語った。自分で書いている官能小説を映像化するため「女の子を脱がせてみたい。オーディションしよう」と言ったかと思えば「目指すのはマリリン・モンロー。彼女は最初はグラドルでした。評伝を読むと、さみしがりやの甘えん坊だったようで」と話すなど“変化球”のコメントを投げてくる。

 また、年下よりも年上の男性がかなり好きで「年上の人を赤ちゃんにしたい。ヨシヨシするのが好きです。甘えさせたい。『ヨチヨチヨチヨチ~』」と発言したところで事務所サイドからストップが入った。

 身長157・5センチ、B79・W56・H80の体はスレンダーながらもEカップでメリハリがある。グラビアにも「初めは抵抗があった」と語るが、今回の堂に入った取材対応からすると大物になりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!