• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 三上悠亜「アダルトアワード」最優秀女優賞に涙 新人賞はたかしょー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三上悠亜「アダルトアワード」最優秀女優賞に涙 新人賞はたかしょー


左から高橋しょう子、三上悠亜、明日香キララ、羽咲みはる

 本紙男セン面で連載中のセクシー女優・三上悠亜(23)が「DMM.R18 アダルトアワード2017」(23日、都内)で最優秀女優賞に輝き、「人生で最高の日」とうれし涙を流した。

 名前が読み上げられた瞬間から感極まった表情の三上は、壇上で昨年同賞を戴冠した大槻ひびき(29)から真っ赤な花束を受け取ると「『悠亜ーズ(ユアーズ)』の皆さんのおかげです」とファンに対して感謝の言葉を口にした。

 続けて過去のアイドル人生と2015年6月の“デビュー”時を振り返り「アイドルグループでは選抜にも入れなかったし、全てが中途半端でとりえがないと思っていた。そんな自分がイヤで、この世界に転身した時は絶対に何かで1位を取ろうと思いました。23年間生きてきて今日が最高の日です」と涙ながらにあいさつした。

 今後については「乳首が弱くて、撮影の時は男優さんを困らせていたので、これからは攻められても大丈夫なよう頑張りたい」と意気込んだ。

 最優秀新人女優賞はグラドル出身の高橋しょう子(23)が獲得。ご褒美には「ギターが好きなのでもう1本買いたい」と笑顔を見せ「オッパイがコンプレックスだったけど、おかげで人生が明るくなりました。ありがとうオッパイ!」と自身のGカップ乳に謝意を表した。

 なお、準グランプリにあたる優秀女優賞は明日花キララ(28)、優秀新人女優賞は羽咲みはる(年齢非公開)が受賞した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!