• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【SKE連載1】野村実代 姉・野村奈央のアドバイスは「あいさつと笑顔を忘れずに」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SKE連載1】野村実代 姉・野村奈央のアドバイスは「あいさつと笑顔を忘れずに」


野村実代

【名古屋・未来のエース候補:1】地上波のレギュラー番組復活に全国ツアー再開とSKE48が上昇気流に乗ってきた。グループの勢いをさらに加速させるためのカギとなるのがフレッシュなメンバーの活躍だ。東スポWebではドラフト1期以降に加入した期待の若手4人をピックアップ。「名古屋・未来のエース候補」として4日連続で紹介する。第1回は8期生・野村実代(14)が登場。AKB48グループドラフト会議での指名漏れという挫折を味わいながらも夢を諦めなかった熱い思いに迫った。

 ――2015年5月に行われた第2回AKB48グループドラフト会議の最終候補生だった

 野村:愛知県からは私とお姉ちゃん(AKB・野村奈央)、上村亜柚香ちゃん、白井琴望ちゃん、水野愛理ちゃん(いずれもSKE)、安藤愛璃菜ちゃん(NMB)の6人が候補生でした。新幹線でいつもみんな一緒に東京のレッスンへ通っていました。

 ――ドラフト会議では愛知県の候補生の中で1人だけ指名されなかった 
 野村:指名された子は別の部屋に行くんです。お姉ちゃんも違う部屋へ行って、私は取り残されてずっと泣いていて…。

 ――合格したお姉さんと会うのもつらかった

 野村:私は先に新幹線で愛知に帰ってきて、次の日の朝にお姉ちゃんに会ったんです。お姉ちゃんは会うなり「ごめんね」って…。それで2人で泣きました。お母さんも泣いていたかな。なかなかベッドからも出られなかったんですよ。現実逃避と言ってしまうとあれなんですが受け止められなくて…。1週間ぐらい学校に行くのもつらかった。

 ――AKBに指名されたお姉さんはすぐに東京へ

 野村:お姉ちゃんが東京へ行く当日、私は学校だったのでバイバイできなかったんです。帰ってきたらお姉ちゃんがいなくて荷物もなくなっている。“あっ、もういなくなっちゃったんだ…”って寂しかったです。たまにお姉ちゃんが実家に帰って来るとケンカとかもするんですけど、やっぱり仲のいい姉妹なんだなって思いますね。

 ――先にアイドルになったお姉さんからアドバイスは

 野村:「現実は厳しいことを知ってオーディションを受けてね」と言われました。(アイドルの世界は)自分の思い描いていたものと違うこともあると…。そして、あいさつと笑顔を忘れないように、と。

 ――一緒にレッスンを受けていた愛知県のメンバーと連絡は

 野村:ドラフト候補生は合宿で1週間ぐらい一緒に寝泊まりしてレッスンを受けたりしたので絆があるんです。水野愛理ちゃんとはすごく仲がよくて2人で一緒にプールに行って遊んだりしてました。ある時、愛理ちゃんに「明日SKEのフリーライブがあるから見においでよ」とメールで誘われたんです。場所は栄だったかな。それで7期生とドラフト2期生のステージをお母さんと一緒に見に行ったんです。

 ――どうだった

 野村:もう泣いちゃって…。感動して。一緒にレッスンを受けていたドラフト2期生の子たちがステージ上で輝いているのを見たら「私もなりたい!」って思いました。ファンの方の掛け声やコールもすごくて、いつか私もステージの上で(コールを)受けたいと…。ライブを見て「私は絶対にSKEに行くぞ」ってなりました。

 ――アイドルになりたいという気持ちが強くなった

 野村:燃え上がりましたね。愛理ちゃんに誘ってもらってよかったです。

 ――ドラフト会議から約1年半後にSKE8期生オーディションに合格した

 野村:私はエントリー番号が最後の65番だったんですが、それまでに結構な人数が合格していて“私は呼ばれないだろうな”って思っていたんです。でも(名前が)呼ばれて本当にうれしかった。私が「受かったよ」ってメールしたらお姉ちゃんは「よかったね」と言ってくれました。

 ――実際にアイドルになってみてどうか

 野村:ステージ上の笑顔の裏にはいろんなことがあるんだなって思いました。休日のレッスンは長いときは朝の8時くらいから夜7時まで続いてることもある。アイドルってこんなに厳しい世界なんだなって思いましたね。

 ――泣いたことも

 野村:あります。牧野アンナ先生(注・松井珠理奈、松井玲奈らSKE1期生を育てた振付師。厳しくも愛情ある指導で知られる)が8期生のレッスンに来てくださったことがあったんですが、「どれだけの本気さでレッスンに臨んでいるのか話して」と言われた時にみんな黙っちゃって…。でも「それを言わないとレッスンには参加しないで」と言われたのでみんな本気で叫んだんです。私も泣いたし、叫んだし…。

 ――何と

 野村:「今は研究生だから本気で全力でやることしかできない。でもいつかは研究生だからというのがなくなるよう、とにかく全力でやります!」と言いました。先生は厳しいけど本当のことを言ってくださるから、そのレッスンの後からみんな集中力というか本気さが違ってきました。あの時、8期生は動いたかなって思います。遊びではない。真剣さが変わってきました。

 ――SKEに入ったことはよかったか

 野村:よかったです! 私は将来モデルさんになりたいんですが、こういう環境にいると写真撮影などもあります。先日、惣田紗莉渚さん、須田亜香里さんと撮影が一緒になったんですが、お2人は笑顔でウインクしたり衣装によって表情を変えたり本当にアイドルでした。私もその姿をまねして撮影をするとすごく楽しかったんです。先輩からいろいろなことを吸収して学んでいきたいです。

 ――これからの目標は

 野村:モデルになりたいと言いましたが、それだけじゃなくおしゃべりもできるようになりたいし演技もしてみたい。いろんなことができるタレントさんにもなりたい。そして姉妹で48グループを盛り上げていきたいです。お姉ちゃんはセクシーキャラで私とは違うんですが、お姉ちゃんがかわいい曲をやるというギャップもいいと思う。私は「狼とプライド」というかわいい曲が好きなのでいつかお姉ちゃんと2人でこの曲を歌えたらいいですね。

☆のむら・みよ=2003年2月1日生まれ、愛知県出身。16年10月にSKE8期生オーディションに合格。SKEのセカンドアルバム「革命の丘」に収録されている「チャイムはラブソング」(研究生名義)では井上瑠夏とともにダブルセンターを務める。

〈次回は菅原茉椰が登場〉

※3月30日(木)発行の中京スポーツ(中部地区で販売)ではSKE48の特集記事を掲載。野村実代の直筆サイン入りチェキプレゼント(2人)もあります。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!