• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > たけしが改名の弟子芸人「やくみつゆ」 本家やく氏が珍エール&使用許可


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たけしが改名の弟子芸人「やくみつゆ」 本家やく氏が珍エール&使用許可


やくみつる氏から正式に改名許可をもらったやくみつゆ

 師匠のビートたけし(70)から芸名を“やくみつゆ”に改名するよう命じられたお笑い芸人・ダイオウイカ夫(47)が17日、漫画家・やくみつる氏(58)から許可をもらい、芸名を正式に改名した。

 

 みつゆは17日午後3時半ごろ、テレビ収録のためにテレビ朝日にいたやく氏を訪れた。「初対面でしたがすごく優しい方で、改名を認めてもらいました。今日からやくみつゆとしてやっていきます!」と改名について快諾を得たという。

 

 16日発行の本紙で既報したように、改名するにあたって「やくみつゆと名乗らせていただいている間に薬物使用で事件を起こした場合は慰謝料1億円を支払います」と記した誓約書を作成。みつゆは「この誓約書を渡したんですが、文面を読んだやくさんは『頑張って、早くヤクに手を出してください』とおっしゃっていました」。

 

 またこの日、箱入りの高級菓子を持参したが、「やくさんに渡したら、箱を上下に軽く振って『これはまだ、1億円じゃないんですね』と言ってました」。

 

 これで晴れて“やくみつゆ”となったわけだが、新たな問題も浮上している。「やくさんには『早くヤクに手を出して』と言われたけど、もちろん薬物をやる気なんてない。でも僕、疑われかねないような環境にあるんです」

 

 実はみつゆの妻は、税関で扱う荷物を保管する倉庫に勤務しているという。「そこには海外からの輸入品などがある。税関でチェックする前に、いったん置いておくための倉庫なんです」

 

 もちろん本人にそんな気はないが、「物理的には“ヤク密輸”ができる環境なんですよ」。薬物汚染が蔓延していると言われる芸能界だけに、捜査当局によるみつゆへのマークが厳しくなるかもしれない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!