• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「ゴゴスマ」が「ミヤネ屋」上回る“小池氏vs石原氏”効果で名古屋地区視聴率トップ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゴゴスマ」が「ミヤネ屋」上回る“小池氏vs石原氏”効果で名古屋地区視聴率トップ


「ゴゴスマ」のMCを務める石井亮次アナ

 小池百合子氏vs石原慎太郎氏の“新旧都知事バトル”が「名古屋・お昼の視聴率戦争」に大きな影響を与えている。

 

 名古屋CBCテレビ制作の「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(毎週月~金曜午後1時55分)は、3日の放送で石原元都知事の豊洲問題釈明会見をメーンで扱い、視聴率8・1%を記録。中京テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」(6・4%)を上回り同時間帯のトップに立った。

 

 名古屋地区で「ゴゴスマ」が「ミヤネ屋」の視聴率を上回ったのは、昨年9月19日以来2度目。前回は「ミヤネ屋」が阪神―巨人戦中継のために1時間早い午後2時55分で終了しており、“巨人戦のアシスト効果”によるものだと言われた。

 

 しかし、今回は各局の情報番組が石原会見を生中継する中でのトップ。それだけに「ツイッターで視聴者の意見をライブで紹介するなど、双方向の放送を展開して支持を得た」とCBCサイドは自信を深めている。

 

 8・1%という数字も2013年4月の番組開始以来4番目の高視聴率。実は「ゴゴスマ」では東京都の「豊洲移転問題」を大きく取り上げると「たびたびいい数字を記録しています。関心が高いのは数字に表れています」(CBC)という。

 

 東京都のこととはいえ、小池氏や石原氏など強烈なキャラクターが登場する話題だけに、名古屋人にとっても大きな関心事となっている模様。今後、小池氏vs石原氏のバトルが加熱すればするほど、名古屋では「ゴゴスマ」と「ミヤネ屋」の視聴率争いがヒートアップしていきそうだ。

 

(数字はビデオリサーチ調べ、名古屋地区)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!