• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > AKB総監督・横山由依が危惧する次世代メンバーの野心のなさ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB総監督・横山由依が危惧する次世代メンバーの野心のなさ


新型バスの発表会に出席した横山由依

 AKB48の横山由依(24)が2日、主に首都圏と京阪神を結ぶJR夜行高速バス・ドリーム号のアンバサダーに就任し、都内で行われた新型バスの発表会に出席した。

 ドリーム号は1969年の東名高速開業と同時に運行を始め、現在48年目。3月31日から運行する新型車は、リクライニング機能など「史上最も快適なバス」を実現している。

 横山は「48年目でAKBも“48”でご縁があるかな。AKB48も長く、たくさんの人に愛されるグループになりたい」。横山の口から、一般公募した新型車の名前が「ドリーム ルリエ」に決まったことが発表された。

 京都出身の横山は「8年前のAKB48研究生の候補生時代、京都からドリーム号に乗って、東京でレッスンを受けていました」と夜行バス通勤を回顧。「AKBでいろんなことをやらせていただいているけど、歌やお芝居をしていきたい」と夢を明かし「夢を持ってグループに入ってきてくれる子たちの夢がたくさんかなうといい」と願ったが“野心のない次世代メンバー”の姿に危機感を持っているという。

「前田敦子、大島優子らが卒業し、4月に小嶋陽菜も卒業する。知名度のあるメンバーが少なくなる中、将来を担うメンバーが登場しなければならないんですが『AKB48を変えよう』『センターを目指したい』とか、野心を持った子が少ない状況を横山は案じている」(AKB関係者)

 向井地美音(19)ら一部メンバーはセンターへの野心を明かしているが、おとなしく、謙虚なメンバーが多すぎるという。

「人気グループに成長した『AKB48に入りたい』と応募して入った子が多く、女優や歌手などの夢を描いていない。現状に満足しているため、ドラマ出演を拒否したり、グラビア撮影を嫌がるメンバーもいて、チャンスを逃してしまう。『私はセンターになる器じゃない』と謙虚すぎる子が多い。次世代メンバーの知名度が上がらない一因にもなっている」(前同)

 成功を遂げた組織にありがちな現象がAKBにも起こっているのか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

艇界きってのアスリート女子・倉持莉々とプロクライマー・大場美和が登場

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!