• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 櫻井翔と小川彩佳アナ 3月で「報ステ卒業」なら結婚確定か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

櫻井翔と小川彩佳アナ 3月で「報ステ卒業」なら結婚確定か


櫻井翔との交際が発覚した小川彩佳アナ

 ライバル局同士の“キャスター愛”発覚で、その動向が注目される人気ジャニーズグループ「嵐」メンバー・櫻井翔(35)とテレビ朝日・小川彩佳アナ(32)が2月27日夜、ともにレギュラーのニュース番組に生出演した。報道番組の性格上?本人たちの口から交際に関するコメントは出なかったが、そうしたなか、本紙は衝撃の内部情報をキャッチ。テレ朝側は2人の電撃結婚も視野に入れ、早ければ小川アナが出演する「報道ステーション」を3月いっぱいで卒業降板する可能性が高いとの声が出ている。

 これまでのテレ朝は、局アナを含め社員のプライベートに関してはノーコメントで通していたが、珍しく小川アナについては「(櫻井は)親しい友人の一人と聞いている」との広報コメントを出した。同局の報道関係者が舞台裏を明かす。

「普通は局アナの交際になど触れません。ただ小川アナは看板報道番組のキャスター、しかも相手が相手なのでノーコメントは避けたようです。でもジャニーズ側から『交際』とするのはダメ出しされ、それで櫻井サイドが既に出している『親しい友人の一人』というコメントとトーンを合わせたみたいですね」

 聞けばテレ朝局内では、2人が結婚する流れも視野に入れているとか。

「早ければ小川アナの報ステ3月降板もあり得ますよ。実際に結婚するなら、小川さんの降板は局内で確実視されてます。まだしばらく交際を続けてから結婚というなら、彼女は報ステに継続して出るということになります」(同)

 小川アナが3月いっぱいで番組を卒業したら、電撃結婚するとみてよさそうだ。バリバリのキャリアウーマンに見える小川アナだが、実は結婚願望が意外と強いという。

「小川アナは以前から結婚したがっていた様子で、だからこそ局へも櫻井さんとの交際をちゃんと報告したのでは。日頃の彼女の言動からして、結婚して仕事を続けるようには見えませんね」(同)

 小川アナは父親が慶応大学の医学部教授で慶大病院の診療部長。その意味では慶大卒の櫻井とはつながりもあるが、本人は小学校から大学まで青山学院に通った。幼少期は一時米ミシガン州に住み、大学時代はスペインに短期留学。TOEIC915点、スペイン語検定4級を持つ国際派だ。大学2年のときには、成績優秀者へ贈られる学業奨励賞をもらっている。

「局内でのニックネームは『姫』。家柄もよく、他の女子アナとは別格のエリートお嬢さまですね。仕事も真面目で、お嬢さまっぽいところがあります。同僚の男性社員たちからは『手を出しにくいオーラがすごい』と言われていた」と明かすのはテレ朝社員だ。なんと「以前、皇室の家系からもお見合いの申し込みがあったらしい」というから驚きだ。

 実は一時期、テレビ界の大御所タレントの息子である2世俳優と交際していたとの情報も。

「でも結局は破局した。その後、一般人の男性と婚約までいったという噂もありました。ところがその人とも別れてしまい、その後は一時期、男性不信になっていたと噂されてました」と同社員は声を潜める。

 そんな経験があるだけに、櫻井との交際は何としてでも成就させたいのだろう。「櫻井君が公にしたがらなかったのは当然ですが、小川さんもずっと隠していて、局内であれこれ言われるのを嫌がっていました。私が知ったのもつい最近」とは前出の報道関係者。

 いずれにせよ、今回の熱愛報道がきっかけで、テレ朝もジャニーズ事務所も2人の交際を事実上認めたことは、本人たちにとっては喜びひとしおだろう。テレ朝局内はいま大騒ぎで「イチローと結婚した元TBSアナの福島弓子に匹敵する」なんて喜びの声で沸いているという。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】武田豊樹がドリームレース勝利で生涯獲得賞金15億円突破!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!